同人誌「神無き国 言触れの日」について

  • 2017.04.14 Friday
  • 00:40

5/14 関西コミティアにて
神無き国 言触れの日」頒布予定です!
スペースはJ-68「桜月亭」です。




雪の中に閉ざされた国で
少年と少女ががんばる和風ファンタジー小説です。
以前、私の小説について、
「少年と少女が手をつないで走っているイメージ」と言っていただいたことがあるんですが
まさにそんな感じの話です。
試し読みはこちら。
装丁とか章扉とかは、昔の少女小説とか児童書っぽい感じをイメージしました。

一応、お買い求めくださった方には、何らかの形で、
初稿バージョンとかが読めるURLをご案内する予定です。
一章部分を書いたのは、ずっとずっと何年も前のことで、
そのときは少年の目線から始まっていました。
試し読みを読んでいただくと分かるのですが、本編は少女が迎え入れる側で始まっています。
初稿は帰ってくる側からだったので、結構ニュアンスが変わっていたりします。

一章部分書き終えたあと、続きがうまくいかなくてずっとしまってあったのですが
たくさんの方のご協力で最後まで書き上げられて
素敵なイラストも描いていただけて、
ほんとうに嬉しいです。
最初に読んでくれたまなみさんに
「何回も読み直してるよ」って言ってもらえなかったら
死に物狂いでやってやろうって思えなかったかも知れないです。
書いてる間も改稿に際しても、だもさんにはたくさん励ましてもらって、アドバイスもらいました。
たくさんの方のご協力でこうして形に……うう、いや、
物ができあがってこないと自分がとんでもないミスしてそうで怖いのですが……
手に取っていただけるよう、残作業がんばります。

イラストは山月まり様に描いていただきました。
イラスト依頼をしたりするのはじめてで、とても緊張しましたが
描いていただくならこの方しかない!と
思い切って突撃しました。
ほんとにほんとにイメージ以上の素敵なイラストで、
ラフをいただいたときは舞い上がりましたよ。



本番のイラストはさらに息をのむ美しさで
本当にお願いして良かったー!!ありがてえー!!!
と伏し拝む感じです。

専用サイトは、いつもお世話になっているだも様に作ってもらいました。
もう動きが!すごくて!スクロールくるくるしてしまいます。
サイトはって言うてますが、ロゴも作ってもらっていますからね……。
ほんとに……だもさんすごいよ……。
このまま連載始めたいくらい試し読みのページも素敵です。
(ちなみにWEB公開は、するかしないかも未定です)


後日アリスブックスかboothで通販をする予定です。
どうぞよろしくお願いします。

久しぶりにPVも作りました。
よろしくお願いします!



 


300字SSポストカードラリーに参加します

  • 2017.03.12 Sunday
  • 12:21

4/1開催の第5回Text-Revolutions 300字SSポストカードラリーに参加します。

 

2作品参加させていただく予定です。
どうぞよろしくお願いします。

企画に委託させていただいていますので、
当日は企画ブース(300字企画、スペース番号:F-1)を探してみてください。
(画像は一部ぼかしています)
 

■発行予定同人誌の番外編

もう春を告げない

(上記リンクはWEBカタログ)
裏面イラストは山月まり様に描いていただいたラフを
使わせてもらいました。

下巻用のラフです。

もう一作はこちら。

今回の完全オリジナル。

その足の下には

(上記リンクはWEBカタログ)

青春ものぽい話です。

ちょーっと字が読みにくいか……?

っていうのが気にかかるところですが…

 

 

 

 

 

 

 


こちら(tumblr)でも詳しく記載しています。

折本フェアmini参加します

  • 2016.07.22 Friday
  • 23:59

春木のんさんが主催される
折本の展示会『折本フェアmini』に参加します。

 

開催:7月23日(土)
場所:さっぽろテレビ塔2階
第一回文学フリマ札幌で、展示されるそうです。

今回、また折本をおいていただきます。

こちらにおいていただく折本 「雨乞うる鯉」 をネットプリントで配信しています。
セブンイレブンで印刷してただけます。

2016/7/22〜29まで
予約番号:【 51757096 】

茹だる夏の夜。雨がふらず水位の下がった池では、鯉が這いずるように泳いでいる。
以前WEB幽読者投稿怪談に掲載していただいたショートショートです。

前回の「雨夜の月」も再配信しています。
予約番号:【97316280】

「雨かぶりだな?」とタイトルを見て思ったんですが、
以前の折り本フェアの際に書いたように、「雨乞うる鯉」も「雨夜の月」も、WEB投稿怪談に寄稿したものです
(「雨夜の月」は不採用でした)。

読者投稿怪談は毎月テーマが設定されるんですが、
この月のテーマが「雨」だったんですね。

個人的にショートショートとしてきれいに形になっているのは「雨夜の月」のほうだし、
物語性というか、たぶん受けがいいのも「雨夜の月」だと思います。
「雨乞うる鯉」は……
なんというか、シチュエーションのみというか、
なんなんだろう?って自分でも思う感じの話で、
むしろそれが怪談投稿としてはよかったのかな?と思います
(怪談と考えると「雨夜の月」はなんというか、こぎれいすぎるのかな)

今回文章をちょこちょこ調整していて、
最後のほうがあまりにもあっさりしていたので書き足したりしたのですが
蛇足になってないかはちょっと心配。

その鯉の状況が鮮やかに皆さんの脳裏に浮かぶと嬉しい。

win10で、折り本ソフトotteeがうまく起動しなくて、
旧PCで作っていたのですが、なんどか画面がレインボーになったりしながら作ったので、
文章が重複したり飛んだりしてないかちょっと心配なんですが
(見直すの怖いなあ)楽しんでいただけると嬉しいです。

カクヨムWeb小説コンテスト参加中

  • 2016.03.14 Monday
  • 00:50
サイトのトップには書いていたけど、こちらには書いていなかったので。
いまさらですが!

少女魔道士、セーラー服とマントで夜を行く
「禍言の葉」カクヨム
「禍言の葉」改稿しながら掲載中。
ガリガリ直しながら、サイト掲載のものをカクヨムに転載しています。
場面へのアプローチや文章を変更はしていますが
内容は変えません。
ただまあ、読みやすくなっているはずです。
1話目だけで、1000字ほど減りましたから……。

既読の方、どれだけ変わったか見てみるのもいいかも。
未読の方、この機にどうぞ!

レビュー等いただけますと嬉しいです!

追記:カクヨムの更新はサイトに記載しませんので、
よろしかったらあちらをチェックしてください。

「神坐す〜」は……ええっと、
またひと段落したら続きを書けたらと思います……。

おっさん×少女企画『掌を繋いで』参加します

  • 2016.02.14 Sunday
  • 23:09
飛瀬貴遥さん@ゼロタビト 主催のアンソロジーに参加させていただきます。

おっさん×少女企画『掌を繋いで』
「おっさん×少女」をテーマにしたアンソロジーです。迷いましたが、作楽シン名義です。
無事、自作の内容の確認が完了して、参加者リストに名前が乗りましたので
お知らせです。
34名の方のおっさん×少女のSSが掲載されるようです!

個人的にスケジュールがぎゅうぎゅうではあったんですが、SSならばなんとかなるかもしれない!
ぜひとも参加したい!と思い、参加させていただきました。
提出後に内容確認PDFいただいた後で「うわあああなんじゃあこりゃあああ」と頭を抱えながら、
訂正で真っ赤なPDFとテキストファイルを送りつけたり、
タイトル変えさせてもらったり、と
主催者様には非常にご迷惑をおかけする羽目になりましたが……。
本当にお手数おかけして申し訳ないです。

「終わりの夏〜」で書けなかった元マフィアと銃乱射少女とか、
へたれおっさんを守る少女の現代ものっぽいアクションものとか、
何書こうかな〜と色々考えた結果、
「こいねがう 夜半 よわ 」という、わりと大人しめの和物になりました。
SSや短編でも、小説のワンシーンではなくて
起承転結(もしくは序破急)はっきりとしたものを書こうと心がけているつもりなんですが、
今回は割と雰囲気ものかなあ、と思います。

3月21日の、第3回Text-Revolutionsで発行予定だそうですので
(「ゼロタビト」さん、スペースNo:B-12)
どうぞよろしくお願いします。

折本フェアさん参加について

  • 2015.11.06 Friday
  • 03:10
第三回折本フェアよいこのとしょしつさんに参加させていただきます。
折本をたくさん展示されるそうです。

日時 11月7日(土) 12時〜17時 
場所 福岡平尾貸空間Sizuku
(福岡市中央区大宮2-5-14)

こちらにおいていただく折本「雨夜の月」をネットプリントで配信しています。
セブンイレブンで印刷してただけます。
11/6〜11/13まで。
予約番号【92701957
よろしくお願いします。
詳細はこちらにも掲載しています。



「雨夜の月」とは「そこにあるのに見えないもの」のこと。
下記は折本フェアの主催の七歩さんが紹介してくださった内容です。 名義はどうするか迷ったんですが、とりあえず筆名で……。


これは、もう何年前に書いたか言うのもはばかられるくらい前に書いたショートショートです。
文章を大変こじらせまくってた時期、ポッキリくることがあって、1,2年ぐにゃんぐにゃんになっていました。
その頃、幽という怪談雑誌のWEBサイトで読者投稿怪談が募集されていまして、
毎月発表されるテーマにあわせて、1200字の怪談ショートショートを投稿するという企画でした。
WEBから応募すると、採用される場合は2,3日中に編集さんからメールでご連絡いただけるシステムになっていました。
ぐにゃんぐにゃんから抜け出すために、一時期、毎月1作は採用されることを目標に投稿をしていました。
テーマごとにネタを練る練習になりましたし、
怪談な上にショートショートなので、書きこみすぎず、より読みやすく書く訓練になりました。
何より結果が分かるのが早くて、小さくても自分の中で成果を積み上げていくのにとても助けになりました。
本当にありがたかったです。

ちなみに、「雨夜の月」は不採用になった作品ではあるのですが、
わたしとしては気にいってる一作です。
ほんとうにこの頃いろいろこじらせていて
WEBで使っている名前についてくるしがらみみたいなのにも疲れてて、別の名前でほそぼそと活動して、
不採用になった作品はその名前でWEB投稿サイトに掲載したりしていました。
そんなわけで完全な初出しはないのですが、
読んでひとことご感想などいただけるととても嬉しいです。

今はもう読者投稿怪談は募集終了、多分掲載作品もサイトから消えてしまっているのですが、
またちょこちょこ、何らかの形で見ていただけるようにしていけたらと思います。

コバルト7月号に短編掲載されています

  • 2015.06.01 Monday
  • 21:53
昨年、コバルト短編小説新人賞で入選を頂いた作品が、光栄なことに2014年の年間最優秀賞をいただきまして
6月1日発売の雑誌コバルト7月号に記念作の短編を掲載していただいています(あ、いつもと違う名前で出ています)。

「終わりの夏にさす光 ポストアポカリプス・チルドレン」作楽シン
人の血を啜る"異端者"と、その"傾倒者たち"によって、世界は滅びた…。終末の世界を二人きりで生き抜く青年と少女のその運命とは!? (公式サイトから引用)

入選作になった短編や、投稿してきた作品が割と和風が多かったので、
全然違うの書きたいな〜と思い、 それなら洋風だよな〜。西洋って言えばゾンビだよな!
と思い立ち、ゾンビ……を書くのはさすがにどうかと思い、あんな感じになりました。
イラストは弌花瞠さんが描いてくださいました。素敵なイラストで本当にうれしいです。ラフでいただいたヒロインがかわいすぎてふおおおーっとテンションあがりました!

短編なのに気合いを入れて設定を盛り込みすぎたもので、まとめるのにえらく苦労をしましたが、
もっとガンアクション書きたかったな〜とか色々あるので
今回削ぎ落した物を集めてまた何かゾンビっぽいものを……いやゾンビじゃなくて
SFファンタジーっぽいものを書きたいなと思ったりしています。
(べつにそんなにゾンビがすきなわけではありませんが!)


見直しすぎて自分では訳が分からなくなったりもしていますが、
かなり愛着もあるキャラと物語になりました。
ご感想いただけたら嬉しいです。

※追記
肝心なこと書き忘れてました。巻末の方にあるパーソナルデータの著者イラストはだもさん@滞空サーキットが描いてくださいました! ぜひ見てみてください。

年間優秀賞いただきました

  • 2015.04.06 Monday
  • 02:23
昨年、雑誌コバルト1月号でいただいた短編小説新人賞が、
年間優秀賞をいただきました!
5月号にて、選評といいますか、三浦さんと編集さんと感想をまた掲載していただいています。
過去の自分に負けないようにますますがんばらなければです。

拍手とご感想もありがとうございました!

短編小説新人賞

  • 2014.12.03 Wednesday
  • 01:31
集英社コバルトの短編小説新人賞の入選いただいたので、
12月1日発売の雑誌Cobalt2015年1月号に短編を掲載していただいています。
よろしかったら、本屋さんで手にとってみてやってください(●´ω`●)
いつもと違う名前で出ています。
イラストもついていて、ほんとにとても嬉しい〜〜〜。
編集さんや三浦しをんさんの選評もいただいています。何回も何回も読みなおしています。
特に三浦しをんさんが言ってくださったことは、自分でずっとずっとぐるぐる抱えていた悩みの一つでもあって、ふっきれた気分です。


小説の技巧が稚拙なのを棚にあげて、
自分の個性のようなものについて、つまらないことを考えてぐだぐだ悩んでいた時期があったのですが、
「唯一無二の感受性を持った、きちんとした個人なのだから、あなたの感じるところに対して、率直に書けばいい」と言っていただいたことがあって、
もうとにかく書きたいものを、読んでくれる人のことを考えて、楽しんでもらえるものを書こう!と開き直りました。
最近ずっと、そのためには読みやすい文章を、読み手を迷子にしない情報の出し方を、と考えながら書いています。
(追記:そうやって、まずは形を整えてやっと自分の特色が生きてくるものを、私は勘違いしていたのだなあって言う話じゃな)
そのおかげか、こうして結果を残すことができました。
書けていない時期のおかげで文章の変なクセも抜けたと思うし!
回り道しながら進んでますが、糧にできたらと思っています。


ついでに2日は誕生日でして、
いいスタートを切れた! と思っています。
(ひとつ年を取る前にいい成果が残せたともいえる)

まだスタートラインに立てたわけではないので
ますますがんばって行きたいと思います。
次は長編でまともに結果残せるようにならなければだ(笑)。
続きを読む >>

「空蝉」の予告漫画いただきました!

  • 2014.02.27 Thursday
  • 01:13
立神さん@Lost_Genetixがtwitterで「予告漫画描かせてください」な募集をされていたので、前のめりに挙手で描いていただいちゃいました!

漫画は折りたたみましたので、続きからどうぞ。



それから「風鈴の町」「春とは名ばかりの」に、読んだよ報告ありがとうございます。
「風鈴の町」は、我ながらうまく情報戦ができたなあ、と思っているので、「あ、そういうことか!」と思っていただけると、嬉しいです。嬉しいですって言うような話でもないんですが……。
「春とは名ばかりの」は本当に趣味で書きました(笑)。
他にも時々いたいだいているのですが、放置サイトですみません……orz
こんなに放置しているのに来てくださっている方に感謝です。
続きを読む >>

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

イベント参加予定

11/5 北海道コミティア(委託)
1/21 文学フリマ京都

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM