RECOMMEND

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『桜月亭』
ノートコレクター
ノートをとることについて素敵だなあと思ったきっかけは、森見登美彦氏の「ペンギン・ハイウェイ」であります。
アオヤマ少年は毎日ノートを書いています。気になることをノートに書き留めて、自分なりの索引などを作って行くのですが、これがすごく素敵なことだなあと思いましてね……。

創作とかネタメモもろくにノートを活用しないまま来たわたしでありますので
日々気づいたことをメモするって言う作家さんとか漫画家さん的な「ネタノート」にもあこがれがありました。

小説を書くこと自体に行き詰ってたことが数年あったわけでして、書いてない時期がけっこうあったんですが、その間にも「やり方を変えて何とかならんもんかなあ」ともがいておりましたところ、
せめて気づいたこととかをノートにとっていたら、いつか役に立ったり、これだ!って思う時があるかもしれない?と思い、ノートをちまちま買いだすわけです。
書き心地とか裏抜けしないとかとはちょっと違うのですが
「ノートの外側の力を借りて、なんとかならんもんか?」っていう、藁にもすがる思いと言うか、願掛けみたいなもんですわw

そんなこんなでノートを買いはじめたものの、全然活用できずにいたんですが、やっと昨年くらいからなんとかいい感じになってきました。
その間にたまったノートの一部がこちらw



ミュシャ展に行った時のノート、京都の手作りノート屋さんlienoで買ったハードカバーなノート、プーさん原画展で買ったクラシックプーさんデザインノート、博多限定ツバメノート、いただきもののCampusと浮世絵コラボノート、イタリアのファブリアーノで買ったノート(ファブリアーノで自分用にももっと普段使いのノート買えばよかったなあ)と、ウフィツィ美術館で買ったノート、
などなどです。
逆にもったいなさ過ぎて使えないって言う。
もう最近はノートコレクターでいいやって思いはじめましたがw

あ、ミュシャのノートは、リング式なので破りとれて便利だし結構使ってるな。
しかしとりあえず買ってたので「あ、罫線がない!」って気づいたりとかで使いにくいなあってなってたりはします。

最近はA5で、心おきなく破り取れるノート(無線綴じとかリング式)が使いやすいのかなあと気付き始めました。
もう無印とかがいいのかねえ。
0
    | つれづれ | comments(1) | trackbacks(0) |
    今年もありがとうございました
    毎年年末に終わらせる物事がさっぱり追いついていません。
    年賀状も書けていないし、
    書こうと思っていた昨年のイタリア行きも伊勢熊野行きの旅行記事も
    今年4月の京都行きの旅行記事も9月の倉敷〜USJ〜京都〜名古屋の旅行記事も、
    12月の熊本人吉の記事もさっぱり書けていませんです……。
    うう、結婚式の時のも書けてなくてもうはずかしいですが、一番アクセスがあるのでこっそり続けようかな……。
    毎年こんな感じでほんとだめだめですが、来年がせまってきている……。

    年前半は、年明けから予想外の組織変更のあおりを食って、
    1月〜4月ごろまで全然思ったように創作活動が出来ず、体調も崩し、
    なんかプライベートでのストレスもひどくて全然動けませんでしたが、
    7月からなんとかやっと創作活動再開できました
    (もうちょっと長い目で見ると2013年7月ごろからまたなんとか動き出せていたんですが)。
    覆面作家企画にも参加できてとても楽しい日々でしたし、いろんな方とネットで新たにお話しさせてもらったりしましたし。
    なんといっても、コバルト短編小説新人賞をいただいたのは、自分の長い長い投稿人生でも、ほんとうに嬉しい節目になりました。
    業誌に掲載していただけたことは、とてもいい経験になりました。
    昨年動きだせるまで、書けずにいた間(といいますが、書こうと言う気も起きなかった頃もあって、自分でも創作せずにいられると言うことが不思議で不安で、そのことがつらかった)、自分の意識やくせがリフレッシュできたかなと思っています。
    今更ながら気づいたことや、新しいやり方をしてみたことが、いい方向に向くといいな。
    来年はさらに、もう一歩すすんでいけたらいいなと思います。

    最近、停滞感や閉塞感にさいなまれていましたが、もっと人生を動かしていきたいです。

    本年もとてもお世話になりました。 来年もどうぞよろしくお願いします。

    (はっそういえば今年は大吉をひきまくって、伏見稲荷で大大吉もひいた、大ラッキーな年でした!
    年が変わって今年の幸運がリセットされるのが怖いんだけど実はw
    そうならないようにがんばろう!)
    0
      | つれづれ | comments(0) | trackbacks(0) |
      「神坐す国 永久の夢」4−4更新
      「お前、やりすぎだぞ」 「うっせえ。オレはもう抑えらんねんだ」  赫奪の言葉に、花焔はため息をつくしかなかった。赫奪は激昂を通り越した冷ややかな瞳で巫女姫を見ると、花焔が目に入らない様子で、炎を纏う足を踏み出す。巫女姫に詰め寄った。  巫女姫は震えている。火の化身の怒りに、人に見せることのない本性に、その圧倒的な力に。自分たちの愚かしさを思い知る。精霊も魔物もその力を見せることは滅多にないことだったから。そして何より、あり得ない事態に。 「つまるところ、お前たちはもてあそばれてただけじゃねえか!」
      「神坐す国 永久の夢」4−4更新しました〜。 えー今月中に本当は終わらせたかったな〜とかせめて5章終わりまではいきたかったかな〜と思いつつも、 とりあえずなんとか、4章終わりです。 これからドカドカあれこれ起きる感じです。 赫奪のこのシーンは書いていて楽しかったのですが、 伝わるかな〜伝わるかな〜。 相変わらず、名乗りあげみたいな、どーんどやっみたいなシーン書くのが好きです。 「読んだよ」だけでも押していただけると嬉しいです〜
      0
        | つれづれ | comments(0) | trackbacks(0) |
        「神坐す国 永久の夢」3−4更新
         兵たちのそば近く、焼け焦げて崩れた残骸の近くに、黒く蠢くものがいた。うっそりと起き上がる。
         夜の闇ではない。夕闇は紫に空を染め上げ、影を濃くして、空気を冷やすが、あれほど暗鬱な闇を作り出しはしない。
         頭がある。ぬばたまのように光る目のようなものも、牙のはえた口も、不格好に大きな腕もその刃のような爪も。まるで生きているもののようだ。だがひどい嫌悪感を抱かせる。

        「神坐す国 永久の夢」4−4やっとこ更新しましたー。

        けっこうてこずった……。
        大きく動くシーンでもないのですが、この、情報の出しもらしないかとか出しすぎないかとかその辺の調整がほんとあれです。ほんとあれ。

        あと、流の感情の流れが書いてるうちに、あれ?そうなん?そっち?ってなっちゃうので、
        私の文章の書き方御存じの方は御存じなのですが、あっち数行書いてばばっと飛ばして数行書いて、戻って来て数行書いて、さらに少し開けて数行書いてって感じなんで、通しでちゃんと整形しないとおかしなことになるんですね……。
        おかしなことになっていないといいのですが。

        「読んだよ」だけでも押していただけると嬉しいです〜。
        なろう版は仕事戻ってからしよう……
        0
          | つれづれ | comments(0) | trackbacks(0) |
          「神坐す国 永久の夢」2−3更新
          「ところでお前、武術って得意か?」
           無意味な問いに、花焔は笑ってしまった。
          「俺もお前も、霊力使えなきゃ武術なんてのはからっきしだろ。訊くまでもないだろう。どれだけ一緒にいると思ってるんだ」
          「――まあな」
           花焔の言葉に、赫奪はもっともだと笑った。一緒に生まれて一緒に生きてきたが、それがもうどれくらい昔のことか、とうに忘れている。それくらい長い長い時間だ。


          神坐す国 永久の夢」2−3更新しました。

          ほとんど話が動いてないのですが、ちょいちょいあげていかないと、モチベがあれですだ。
          あと、前回サイトトップの更新のところ書き忘れていましたね。すみません。
          ブログタイトルを引用するようにしてあるので、大丈夫だといいなあと思うのですが……。

          ツイッターの方でちらりと言いましたのですが、
          アルファポリスのファンタジー大賞、ポイント非表示期間に入りましたが、その前にちらりとポイントを確認しておりまして。
          投票してくださった方がいらしたみたいで、本当にありがとうございます。とても嬉しいです。
          がんばって更新していきます。
          もう少ししたら改稿前の原稿にないシーンの書き足しがあるのですが(何回も改稿しているのに今更追加があるのさ)、今週末は土日が多分使えるので……多分……。
          もっと話をバンバン動かしていけたらいいなあ。



          「赤無垢の花嫁」にご感想ありがとうございます!
          思わせぶりラストになってしまいましたが、ドロドロ感じていただけたなら幸いです。
          0
            | つれづれ | comments(0) | trackbacks(0) |
            大宰府
            いつ行ったって2月ですよ。

            順番に書かないと話がつながらない話題があってですね(私的に)
            なので今更2月の話。

            井上雄彦さんが、伊勢神宮に奉納した絵が大宰府天満宮の宝物殿に来てるって言うことで、見に行ってきましたよ。


            絵はもっと大きいのかなと勝手に思っていたのですが、そうでもなく、
            力強いというよりは繊細でやわらかい印象を受けました。
            スケッチとかもみられておもしろかった。
            バガボンドグッズを色々買ってしまった。


            参道にあるスタバ。しょうじき雰囲気壊しまくってます。まさかこんなに唐突にあるとは思わなかった(;´Д`)



            大宰府天満宮は、観光地のあまりない福岡市内から気軽に行ける距離の唯一と言っていいほどの観光地です。
            県外から人が来て、観光案内するとなると、どこに行けばいいと思う?と人に相談したりすると大抵「……大宰府?」と言われます。
            福岡はご飯はおいしいのですが、東京などから来た人を案内するには困っちゃうんだよね。
            (東京から来た人連れてショッピングとかしてもしょうがないしね)
            夜の屋台街なんかはおもしろいかもしれないけど、あれも減りつつあるからなー。


            ちなみに大宰府天満宮では出来立ての梅ヶ枝餅を食べるのがおすすめです。
            できたてまじでうまい。
            (本殿裏手のお石茶屋さんとか有名らしい……学生の時に先生がおごってくれたのここだったっけなー)


            猿回しがきてました。かわいかった。


            楼門、長いこと工事してましたが、いつの間にか終わっていましたね。
            鮮やかな赤できれいになっています。
            しかし楼門の写真のサイズが小さくなってしまったが、スマホから取り込んだりパソコンから取り込んだりしたらなんかこんなことに。


            おみくじ、この時の色は梅花色。
            季節によって色が変わるようです。今はサムライブルーならしい。
            ちなみに私は「吉」でした……。年の頭はどこでひいてもあんまよくなかっただ。

            なんというか、おみくじの色もあるのでしょうが、大宰府天満宮は全体的に可愛いですね。
            というか大きな神社はお守りのデザインと言いご朱印帳といいやはり洗練されていますね。


            飛梅はきれいに咲いて見ごろでした。写真だとあんまそう見えないけど…。
            神苑の梅はもうちょっと先かな。
            一帯咲くときれいですね。




            御朱印帳もかわいい梅で、御朱印も梅。
            二見輿玉神社で購入したご朱印帳はまだページが残っていたのですが、伊勢熊野旅行のものとして置いておくことにしました。
            さすが大宰府天満宮のものはかわいい。

            最初にもらった御朱印の梅がかけちゃったので、わざわざ御朱印帳取り換えて押し直してくれました。親切!
            0
              | つれづれ | comments(0) | trackbacks(0) |
              藤城清治 光と影の世界展
               藤城清治 光と影の世界展に行ってきました。



              サイン会があるので、朝から出かけて、先にポスター買って整理券もらってから、展示を見てきました。
              先日90才になられたばかり、卒寿の記念で、今までで最大の展示会だそうな。


               猫ずもうとか好きだったんだけど、ポストカードなかったのは残念。
               色が鮮やかで、影絵ならではの透明感、遠近や水面を表現するなんともいえないぼかしがとてもきれいで、明るさのなかに哀切や、悲しさの中に明るさがあるような気がした。
               メルヘンなものもいいけれど、被災地や戦争の爪痕を残した建物などの悲哀と希望の同居するようなモチーフもよかった。山王神社の片足の鳥居とか、好きです。
              (なんか同じようだけど、ニュアンスつたわるかな)
               日本神話のもあって、西洋風とはがらっと雰囲気が違いますね。天岩戸の絵とかも好きです。
              スケッチもあったんだけど、スケッチがまた味があってよかった。太宰府のお茶屋さんのスケッチが好き。



              サイン会では、紺色ぽい紫ぽいちゃんちゃんこを着た藤城清治さんが登場(わざわざ着用されたのでちゃんちゃんこと思ったけど、普通のベストだったりして(;´Д`))。
              ひとりひとり丁寧に猫のイラスト入りでサインを描いてくださいました。



              握手した手は肉厚でやわらかくてあたたかかったです。
              サインいただくみんな、メッセージを書いた紙を渡すのだけど、サインかかれてる横で隣の女性に小声で読み上げられてちと恥ずかしかった(。>д<)
              あとフォトフレームがすごいかわいくてほしかったなあ。
              ポスターは帰りに額縁買ってきたので、飾るぞー。どこに飾ろかな

              0
                | つれづれ | comments(0) | trackbacks(0) |
                マイボトルブレンダー
                いろいろ書きかけ記事があるのですが、せっかく買ったのでレビューしてみる。

                以前もよく夏バテ対策などでスムージー作ったりしていたのですが、ミキサーぼろぼろで捨ててしまったり、ハンディブレンダーはパワー不足か時間がかかったりなんかちょっとめんどくさかったりで、遠のいておりましたが、
                そろそろ夏も近づいたのと、冷蔵庫買ったポイントがあったので、また新たに買ってみました。
                (ハンディーブレンダーはあつい鍋に入れて使えるので、これはこれで重宝しているのですが)

                買ってみたのはこれマイボトルブレンダー
                スムージー専用のミキサーですね。
                ボトルに果物などをセットして、そのままミキサーして、歯の部分を蓋に取り換えてそのままタンブラーとしてお出かけできるし、しまうのも、本体とボトルと別々にして食器棚にいれられるので場所取らない!

                さっそく、スーパーで安売りのカットフルーツを買ってきました(深い意味はなくぼかし)。


                水分の少ないものから入れて行って歯のアタッチメントの蓋をします。
                今回はReady To Mixのクランベリーレッドを入れてカクテルにします(●´ω`●)
                ハリウッド映画に出てくる飲んだくれのおばちゃんみたい。
                梅酒でもいいかもですね。
                氷も4つくらいなら入れられるみたい。


                あんまりうつしたくない台所ですが、こんな感じです。
                あとはギュッと押すだけ。
                これがやっぱ普通のミキサーとかハンディーブレンダーとはパワーが違うので、あっという間にできました。


                できあがり!
                おでかけしないのでコップに入れました。

                う、まーい!!!

                朝ご飯とかにぴったりですね。
                明日の朝も豆乳キウイバナナスムージー作るぞー。
                果物はカットして冷凍しておけばらくらく!
                0
                  | つれづれ | comments(0) | trackbacks(0) |
                  あけまして
                  もう4日ですが(しまった5日だ)、あけました。
                   今年もよろしくお願いします。

                   ブログ、人のを読むのが楽しくて好きなので自分も書こうと思うのですが、
                   なかなかどうして書けないんでしょうね。
                   前より気負ってしまうと言うのは確かにあるんですが……。

                   今年の抱負は「やることをやる」です。
                   なんか変だけど、色々考えて浮かんだのがこれだったので。
                   閉塞感から一時的に解放された時期があったのですが、
                   再びひしひしとせまってきたここ数年。 おととし色々あってなんとなく出足挫いちゃって、
                   体調も崩して、そこから一年半ほどずっと体のどこかが痛いという状況をひきずっており、
                   なんとなく動けずにいたのですが、昨年中ごろからやっとリスタートできた感じですので。

                   今年はますます、しっかり、やるべきことをこなしていきたいと思います。
                   なんか年末までにやらなきゃーってガーッと動いてて、年明けた途端気が抜けたという
                   おかしなことにもなっていますが……。

                   後悔しないように。
                  0
                    | つれづれ | comments(0) | trackbacks(0) |
                    2012年
                    厄年でした。としかいいようのない一年でした!
                    本厄マジでパねえ。

                    今年は年明け大吉ひいて、結婚式もあるし、いい一年になりそうー! そして今年は色々原稿もがんばるぞー!って思っていたのですが。
                    結婚式は90%の雨予報をひっくり返し、開花が遅れてた桜も咲いてくれて、いい結婚式ができたと思ってます。
                    が、そのあとですよね……。

                    弟が事故にあって、脳幹出血、クモ膜下出血で死にかけ(無事に2ヶ月ほどで退院できましたが)、
                    その後も色々とストレスのかかることがあり、自分でもおかしいと思うくらいイライラがとんでもないことになり、体調がひどいことになり、微熱やら腰痛やら首やら肩やら痛かったり、突然の胸痛で苦しんだり、原因不明で数ヶ月焦燥していたのですが、結局、首にひどく負担がかかって自律神経がひどく乱れているせいだとのことで、週2回病院に通う日々です。
                    11月ごろから祖母も入院してあまりよい状態ではないみたいなので……。

                    厄除けに買ってもらった18金のネックレス切れちゃうし(1年保証の無償修理してもらえましたが)

                    今年はほんとなんか他にもこまごまありました。
                    その分なんだかクジ運は良かったから、トントンなのかなー。

                    くそー。
                    来年こそはいい年にしたいと思います。

                    つか、結婚式のレポも結局書けてないなー(;´Д`)
                    私しか楽しくないアレだけど、記録残したいので、
                    まあ1周年までにはそれなりに書いときたいわー。
                    0
                      | つれづれ | comments(0) | trackbacks(0) |
                      << / 2/3PAGES / >>