「あなたの健康を損なうおそれがあります」完結しました!

  • 2017.07.15 Saturday
  • 20:29

カクヨムにて連載していた
あなたの健康を損なうおそれがあります」完結しました!


最終章で活躍の能力開発課の高口は007のQ(ベン・ウィショー)の髪をもっともさもさに爆発させたイメージだったので、
鈴木に水バシャーされて髪かき上げて眼鏡外したら「メガネ外してクソイケメンとか、少女漫画かよ!」というシーンとか、
鈴木の名刺ネタをかんがえていたけど、いれそびれたのとか、
(酔拳で顔面パンチしながら「こういうものです!」って出すとか)
入れられなかったものはちょこちょこあったりしますが、
おおむね予定通りに書けたかな?と思っています。


連作短編ではありますが、物語を通してのオチというのも書きたくて、
色々ひねった結果あんな感じになりました。
大オチというには物足りませんが、まあコンビとしてはあれで有りかなと思います。

ダイアナ・ウイン・ジョーンズの「ダークホルムの闇の君」を読んだとき、
てんでバラバラごちゃごちゃに動いていたキャラたちが最後、一カ所に集まって、
さらにごっちゃごちゃになってるのにドーンと終わって、
ちゃんと終着する(しかも力業という感じでは無くてちゃんとしている)という展開に
「なんだこりゃすげえ!!」って感動して
その後森見登美彦氏の「有頂天家族」を読んだときも同じような感動を覚え、
「これも伏線!」「ここも伏線!」「伏線!」っていうのが
しかも技巧だけじゃ無くておもしろい!っていうのが
すげえええ、そういうものを自分もやってみたいと思い、
なんか最近いつもそういう終着のさせ方しちゃう気がします。
トライアンドエラーではあるんですが、そういうの好きなんでどうしてもやっちゃいますね。

しかし登場人物が一堂に会すと書いてる方も混乱して、
一人称宮田で違うキャラしゃべってんのに「宮田が誰々に」と書いてしまったりして慌てて直したりしてました。
読まれてる方がゴチャゴチャにならないといいな……。

初期に★をいれてくださったり、レビューを書いてくださった方、
書いている間、応援ぽちで追いかけて読んでくださる方がいらしたおかげで、
最後まで完走できました!

感謝感謝です。

さてさて、コンテストも明日16日いっぱいまでですので、
読んでおもしろかった〜と思われたら、是非、★とかレビューとか応援とかフォローとかお願いします(*’ω’*)

さらっと読めると思いますので、今からでも余裕〜(*’ω’*)
(のはず)

 

「あなたの健康を損なうおそれがあります」5章に入っています

  • 2017.07.12 Wednesday
  • 21:10

 

あなたの健康を損なうおそれがあります
第五章 メン・イン・ブラック
入ってます。
今回で最終章です。
ちょっとシリアス目展開の中にいつもの感じで
バタバタやっています。

コンテストも大詰めですので何卒よろしくお願いします(*’ω’*)

「銃弾と少女と野良猫」カクヨムに掲載しました

  • 2017.07.10 Monday
  • 22:37


表題の通り、カクヨムに「銃弾と少女と野良猫」を掲載しました。

「あなたの健康を損なう恐れがあります」
と毛色が違うものばかり掲載しているので、ちょっと違うのものせようかな〜と思ったものでして。

これはサイトにも掲載しているものですので、わざわざここで報告する必要も無いかなという感じではあるんですが
まあまあ、ちょっと、いただいたイラストを自慢したかったものでしてね!
映画みたいなかっこいいイラストに
うまくタイトルとか載せられた気がする〜と悦っていました。


未読だった方はよろしかったらこの機に読んでみてください(*’ω’*)

「あな健」4章に入りました

  • 2017.07.05 Wednesday
  • 23:18

あなたの健康を損なうおそれがあります」」

第四章 怒りの溟海

はいりました。

略称を考えてもらったよ!


今回の宣材は、昭和風を意識してみました。アマゾンの奥地に、なんちゃらを見た!的な!

以前、覆面作家企画の時に書いたエピソードにちょこちょこと足しています。
覆面の時は、宮田氏は、くわえタバコで悪態つきながら、やるときはやるぜみたいなキャラだったはずなのに
なんか今はもう、くわえタバコで悪態つきながら「がんばりたくない」って言う主人公になってしまいました。

読み切り漫画が連載になって、あとで読み切り見直してみたら全然キャラ違うやん!!
みたいなことになってますが、書いてて楽しいので、
良いことにします!

コンテスト終わりも近づいて参りました。
よろしかったら★レビュー、応援ぽち、よろしくお願いします( •̀ᴗ•́ )و

虫喰い小説賞

  • 2017.07.05 Wednesday
  • 00:05

Twitterでは先日お知らせしましたが、
Webマガジンコバルトでのお題企画、
今野緒雪虫喰い小説賞」の発表がありました。
こっそり応募していたのですが、なんと最終選考に残っていました。

今野緒雪さんがベースを書かれた物語の一部が欠けてしまったので、
それを埋めるという「穴埋め」のお題です。
『春一番にお別れね』というタイトルで掲載されています。
さらっと読めますのでよろしかったら読んでみてください。
読んでくださった方によって、ラストの印象が違うみたいで、いろんな反応をいただいて、とても楽しいです。

昨年の、冒頭が書かれたものの続きを書く企画にも出していて、自分的には色々ひっくり返しのネタとかを仕込んだつもりだったんですが、たぶん考えつきやすいものの域をでていなかったんだな〜と思います。
それが悔しくて今回はすごく頭をひねりました。
オチも、エッと思う物にしたかったので、選評がすごい嬉しいです( •̀ᴗ•́ )و

選考に残っている作品どれも、全然別の物語になっていて、
ベースが決まっていても少し帰るだけでこんなにも違うのかと楽しいです。

書いてるうちに、これも補足しないと、これもわかりにくいかな、と思って、
規約いっぱいいっぱい書いてしまった感じだったのですが、
受賞作を読むと、さらりと短い文章で、自然に物語が展開していたので、すごいな〜と思いました。
書き込みすぎをここでも反省する我……!

ここのところ成果が出るどころか下がっていってる感じだったので、
受賞には至りませんでしたが、すごく励みになりました。
ガンガンがんばるぞ〜。

 

3章に入りました&ご感想ありがとうございました!

  • 2017.06.25 Sunday
  • 13:28

あなたの健康を損なうおそれがあります

3章「霧もざわめく」に入りました。

 霧に包まれた山の中を登っていく。ただでさえ足下は獣道みたいなのに、視界さえもおぼつかない。

 道の脇に真っ赤なペンキで塗られた『火気注意』のホーロー看板が立っている。タバコに大きなバッテンのイラストが添えられて、リスのイラストが「投げ捨て禁止!」としゃべっている。錆びて剥がれて、尻尾がなくなっている。

 ド派手な登山スタイルの鈴木がずんずん登っていく。その後ろに俺と同じ年くらいの女が続き、ひょろひょろとした若い男が続く。俺はゼーゼー言いながら、遅れないように最後尾をついていく。

今回は山の中でのペット探しです。
コンテスト参加作品ですので、お気に召しましたら、応援ぽち、★レビュー等よろしくお願いします(*’ω’*)

 

それから、Twitterでツイートしていましたが、
メールフォームから「神無き国 言触れの日」にご感想ありがとうございました。
こちらでお礼を言うのがすっかり遅くなってしまいました。
うおーがんばるぞ〜!!

「あなたの健康を損なうおそれがあります」2章に入りました

  • 2017.06.17 Saturday
  • 11:45


カクヨムで連載中の「あなたの健康を損なうおそれがあります」2章に入りました。
調査会社で働くやさぐれ中年と、暴走女子のバディ?小説です。

すでに2話更新しています。
1話目はちょっと説明が多すぎたかなあと思ったりもするんですが、
(特にアイコスの)
(何故こんなにアイコスの使い方を説明しているのか??って自分でも思いました)
超絶マイペース鈴木と
振り回され中年宮田のドタバタをお楽しみいただけると嬉しいです。

ここのところ男性一人称を書いていることが多いのですが(というか、昨年末からずっとだ)、
なんでかなあと思ったんですが、今作に関しては覆面作家企画に出してたものだから、
三十代男性の一人称とか書いたことないし、というのもあって、こんな感じにした気がします。
あと私は非喫煙者なので、そのへんフェイクになればと……このフェイク効果あったのかな(;´・ω・)

コンテストに参加しておりますので、 レビューや応援ぽち、よろしくお願いします (゚▽゚*)

「あなたの健康を損なうおそれがあります」連載開始しました。

  • 2017.06.01 Thursday
  • 23:49


そんなわけで、カクヨムで連載をはじめてみました。
NOVEL 0「大人が読みたいエンタメ小説コンテスト」に参加しています。

タイトルでおわかりの方もいらっしゃるかと思いますが、以前の覆面作家企画6で参加した話の長編というか、
連作短編形式の物語になります。

まわりのみなさんが、退役軍人とか探偵とか薬とかハードボイルド系だったり、
王国の騎士だったりのハイファンタジーで挑戦されているなか、
やさぐれ三十代男子が煙草吸いながら愚痴たれてる軽めの話ですが、
気軽に読んでいただけると思いますので、よろしくお願いします。

どうぞ気軽にレビューとか応援もしてやってもらえると嬉しいですぞ( •̀ᴗ•́ )و

「神無き国 言触れの日」「物思う春、眩惑の夏。」通販開始しました

  • 2017.05.23 Tuesday
  • 23:31

イベントレポやお礼を書こうと思っているうちに、時間が経ってしまいました。
関西コミティア、CC福岡でたくさんの方とお会いできて、本当に楽しかったです。
ありがとうございました!
遠征を含めての連続でのイベント参加は疲れましたが、達成感のある心地よい疲れです。

今年は新しいことをやろう、と決めていて、
色々な要因が絡み合っての結果ではありますが、同人誌の制作に踏み切りました。
少し前から、今後数年の自分の動きとかを考えていて、
やるなら今しか無いな、と思ったことも理由の一つです。

まあ厳密に言うと、ものすごく久しぶりなだけで新しいことでは無いんですが、
当時とは何もかも入稿など勝手が違っていて、戸惑うことばかりでした。
しかし、本当に、
勇気を出してイラストをお願いしたことと言い、踏み出して良かったと思っています!
イベントに用意すべきものとかは把握できていたので、それは助かりました。
折りたたみのラックとか、台所や棚で第二の人生を迎えていた彼らを引っ張り出してきました。

関西コミティアは久々の同人イベント参加の上に、遠征ということで非常に緊張しましたが、
参加して本当に良かったです。
最初から最後までゴソゴソあわあわしていましたが……(;´・ω・)
売り子として夫に同行してもらっていたんですが、ふたりいてもあわあわしてたのに一人だったらどうなってたことか。
足を運んでくださった皆様本当にありがとうございました。
本を手に取っていただけるのは本当に嬉しかったです。

夫はこういうイベントとはまったく別の世界の人間なので、
最初はめんどくさいなあ、って感じだったのですが
コミティアでみなさんが生き生きと活動されてる様子にすっかり魅了されたようで、
もはやわたしよりも今後のイベント参加に乗り気です(笑)。

さて、アリスブックスさんで通販を開始しました。
神無き国 言触れの日 」 

こちらの装丁、ノベルスっぽい雰囲気にするか、
ハードカバーっぽい雰囲気にするか迷ってました。
新書サイズだからC★NOVELSっぽくしようかな〜とロゴをつくってみたりしていたんですが、
山月まりさんの、
和風で静かでいて華やかな雰囲気なイラストが映える感じにしたい!と思い、
最初予定していた本体とセットのカバーをやめて、特殊紙のカバーにしました。

その後こうしたいなと決めたイメージがあって、実は誰にも言っていなかったんですが、
ハードカバーの「狐笛のかなた」のような雰囲気にしたかったんです。
それが、描いてくださったイラストの雰囲気と言い、
だもさんが作ってくれたタイトルロゴと言い、
試行錯誤して選んだ紙もいい感じで、
わたしのイメージにぴったりハマッていて、本当に嬉しかったです。
素敵な装丁だと、それはほんとうに胸を張って言えます!

 

ちなみに、イベントでは見本誌だけ帯をつけていましたが、こんな感じです。

なかなか気に入ってます(*’ω’*)

背表紙はこんな感じ。なかなか分厚いです!
ロゴマークは山月まりさんが作ってくださった八咫烏です。かっこいい。

あとこれは、買ってからのお楽しみにしようかと思っていたんですが、みせびらかさずにおれなかった……。

カバー下は、いただいたラフをつかわせていただきました!
こっちのタイトルロゴはノベルス風にしてみましたよ。
この時点でかわいい。
もう本が届いたとき、にやっにやでした。

 

あとはノベルティでしおりがつきます(何故か画像が横向きになる…)
こちらは両面カラーで、おまけページへのご案内を記載しております。
紙キラキラでこちらも大変いい感じにしあがりました。



こんな感じで、試し読みを兼ねたフルカラーの登場人物紹介本もおつけしております。
いただいたキャララフを使わせていただきました。とてもかわいいです。

 

それから、
おまけみたいになってしまいましたが、
春と夏の物語を集めた短編集「物思う春、眩惑の夏。
こちらも通販を開始しております。
詳細は以前の記事の通り。

この見本誌の帯に書いた
「いつか世界が終わるとき、
最後の一人にはなりたくない。」
というのは、収録した短編からの文言なのですが、
これってわたしの書くもののテーマのひとつかもしれない、と今更ながらに思いました。

 

どうぞよろしくお願いします!

短編集「物思う春、眩惑の夏。」も作りました

  • 2017.04.25 Tuesday
  • 23:25

イベントに分厚いのだけ持って行くのもなあ、と気にかかっていたので、
短編集も作りました。
5/14 関西コミティアで、無事に、出るはずです。
文庫サイズで124ページ。

こちらはタイトルの通り、
春と夏の物語を集めた短編集です。
WEB再録になりますが、プライベッターに載せてすぐ消したものとか、
別名義でこっそり掲載してもう消したものとかもありますので、
是非ともお手にとってみてください。
ちなみに、
春は「春にだけ見る」「モノクローム」「春の心は」等6作、
夏は「風鈴の町」「赤無垢の花嫁」等5作です。
みんながやってるみたいに、文庫名つけたいなあと思って色々考えてたんですが、
全然思いつかなくてがっくりしながら、 昔サークル参加してた頃のペーパーが確か「観桜茶園」だったので、「観桜文庫」としてみました。

よろしくお願いします(*’ω’*)

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

イベント参加予定

11/5 北海道コミティア(委託)
1/21 文学フリマ京都

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM