RECOMMEND

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『桜月亭』
<< 霧島神宮、桜島@鹿児島旅行2日目 | main | 興福寺、春日大社@奈良旅行2日目の1 >>
吉野@奈良旅行1日目
前から行ってみたかった吉野!
吉野と言えばジャパネスク! 昔から憧れの地です。
でありながら、なかなか行きにくかった場所。

最初は大阪に前乗りする予定だったのですが、夫の仕事の都合で当日新大阪まで新幹線→吉野まで特急と言う強行軍に。
さらに本来は吉野に宿泊したかったのですが、行けるかどうかはっきりしなかったのもあって、予約しそびれてしまいまして、
結構バタバタとしてしまいました。

吉野駅にコインロッカーがあまりないのが分かっていたので、特急途中下車して帰りも通る駅で預けようかなと思ったんですが、
時間がとにかくシビアだったのと、混雑も恐ろしかったし、大人しく吉野まで行きました。
(特急は指定席限定ですし、おりるとまた色々めんどう)

吉野駅、降りたらとにかくすごい人!

ついたのはお昼頃。
これちょっと分かりにくいですが、ロープウェー待ちの列! バス待ちの列! トイレ待ちの列!
そして案の定コインロッカー全滅!
一泊分の荷物を担いで山を登ることになってしまいました。

(ちなみに、この少し前から歩くと足首辺りが痛かった私、
吉野から帰っても痛かったので病院に行ったら足の甲を骨折しておりました…。よく登ったわ…。
まあ私の荷物夫が持ってくれたんですけどね…
骨折の原因よくわからないのでもしかしたら吉野がとどめだったのかな)

事前に調べたところ、上までバスでガーッといって下ってくるのがいいようなんですが、
とにかくバスの列がとんでもなかったので、地道に歩いて登ることにしました。
(タクシー使う手もあったな)

まずはヨモギと桜のソフトクリームを食べて出発です。


今年は桜が例年より早かったので、下千本はあんまり残ってないかなあと思っていたんですが
とても綺麗にハラハラと花びらが舞っていました。
ここで一気にテンションあがったものの、
とにかく急勾配だし、人多いし、暑いしで、すでにへばり気味。

とりあえずお店を覗きつつ、黒門を通過。


弘願寺に立ち寄ったり、またお店を覗いて
筍のてんぷら串みたいなのかじりながら歩きます。

チェックしてたおみやげに桜のリキュールを買ってから、
金峯山寺へ。
仁王門は修繕中でした(瓦が落ちるかもしれないので注意みたいなこと書いてありました)。


仁王門は寺の最古の建造物だとかで、 ちょっと残念。

蔵王堂も、東大寺の大仏殿に次ぐ木造大建築だとか。

仁王門は見れませんでしたが、
仁王門の修理勧進のため、 蔵王堂秘仏本尊の特別ご開帳見ることができました。
7メートルの木造の秘仏で、修験道の本山だけあってすごい迫力、表情。
ここでね〜くまぶしくん買うかすごい迷って買わなかったんですが(山伏の格好したテディベアです)
やっぱり買えばよかった!
迷った時は買うって思ってるのに、なぜか買わなかったんだよな〜。
桜のお守りを買ったので、買いすぎダメダメって思っちゃったんだよな〜。
しかしこちらに入場する際、靴を脱いで持って入るんですが、靴入れるようにエコバッグをいただいて、
それがお土産入れにとても役に立ちました!ありがたや!


金峯山寺を出てから、葛いりにゅうめんを食べて腹ごしらえをしてから、またひたすら登ります。
人が多くて暑くてだいぶへとへとだったんですが
ずっと桜の花びらがひらひらはらはらと舞っていて、
歩いている人たちの髪についていて、お土産屋さんもならんでて、ずーっとお祭りみたいでわくわくでした。

葛湯を買ったり、葛珈琲を買ってみたり、ふらふらと、しかし迅速に(笑)お土産屋さんを覗きながら
桜本坊などに立ち寄って、役行者の健脚下駄(鉄の大きな下駄)を履いて足腰強くなるように祈願をしてみる。

(こちらの桜も大変きれいで、こちらには山伏姿の方がいて、おおっとテンションあがりました。
ご朱印いただきましたがとても気さくでした〜)

そして私としたことが!
吉水神社に行きそびれたんです……。
逃亡中の義経が身を寄せたと言う場所、南北朝時代の南朝がおかれ、秀吉が花見をしたと言う場所……。
私義経大好きなのに!
後で気づいてぼーぜんとしました。
しかし歩いている時はもうなんか疲れ果てて、見る物景色がとにかくすごくて、脳の処理がおいついてなかったのか、
急いでいたせいもあったのか、気が付きませんでねえ……。
とにかく、ぐいぐいと山を登り続けました。

もっと心に余裕があれば……。どこもかしこも桜で綺麗でした。


そして辿り着いた上千本の吉野水分神社!
とりあえずここが今回の終点。
4月だけ5時まで参拝が出来たので、なんとか間に合いました
(辿り着いたのは4時すぎごろでしたが、ご朱印を神職さんひとりで書かれていたので、たいへんそうでした…)
吉野はどこもかしこもきれいだったのですが、この神社は特に好きです。

苔むした社殿もさることながら、このしだれ桜が満開できれいで、堂々として清閑で。

それまで人がいっぱいだったのに反して、ここは静かで涼やかで
すごく落ち着きました。

神社を出てから折り返して、花矢倉の眺めです。
佐藤忠信が義経の鎧を着て身がわりになったというところ。
まだ暗くなってなくて良かった…。
小さくて分かりにくいんですが、金峰山寺がみえまして(うねうねとしたとこの先っちょです)、
「あの辺から登って来たんだよね?」とびっくりしました。

水分神社までたどりつけたことで気持ちに余裕が出て来まして、
帰りはゆっくり心から景色を楽しむことができました。
脳処理も追いついて来たのかな(笑)。
登りはなんかもうほんときつかったのもあって、もったいないことをしました。
お団子を買って食べたり、串こんにゃくを食べたり。
(我が家の旅行は、運動不足解消も兼ねていますが、露店で食べ歩きするのが多いです)

夕日の桜もまたきれいでした。
降りている間にどんどん暗くなってきましたが、下千本はライトアップもされていました。
(ちょっと雑な感じでしたが…)

帰り、19時ごろでしたが特急の指定席をとる人で大混雑していましたので、
帰りもだいたいの時間を予想して、予約しておくのがおすすめです。
(スマホからもとれるので、山を折り返す頃にでも、駅に着く時間が予測できそうだったら、
とっておいてもいいかもしれません)

所要時間事前にチェックして、どのくらい見て回りたいか乗りものを使うか
人によって色々違うようでしたが
あちこち見て回りつつの急ぎ足で上まで4時間ってところでした。
今回は、吉野で宿泊したかったとか、買い逃したとか、景色堪能する余裕がなかったとか、
吉水神社に行きそびれたとか、心残りがたくさんあるので、
また行きたいです!!
時間かけてゆっくりと、今度こそ泊まりたい!
0
    | 旅行記 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | - | - | - |
      Comment
      It comments.









      trackback URL of This Entry
      http://hanagasumi.jugem.cc/trackback/1214
      Trackback