RECOMMEND

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『桜月亭』
<< 「神坐す国 永久の夢」4−2、4−3更新 | main | 覆面作家企画6あとがき的なものと連載のこと >>
「神坐す国 永久の夢」4−4更新
「お前、やりすぎだぞ」 「うっせえ。オレはもう抑えらんねんだ」  赫奪の言葉に、花焔はため息をつくしかなかった。赫奪は激昂を通り越した冷ややかな瞳で巫女姫を見ると、花焔が目に入らない様子で、炎を纏う足を踏み出す。巫女姫に詰め寄った。  巫女姫は震えている。火の化身の怒りに、人に見せることのない本性に、その圧倒的な力に。自分たちの愚かしさを思い知る。精霊も魔物もその力を見せることは滅多にないことだったから。そして何より、あり得ない事態に。 「つまるところ、お前たちはもてあそばれてただけじゃねえか!」
「神坐す国 永久の夢」4−4更新しました〜。 えー今月中に本当は終わらせたかったな〜とかせめて5章終わりまではいきたかったかな〜と思いつつも、 とりあえずなんとか、4章終わりです。 これからドカドカあれこれ起きる感じです。 赫奪のこのシーンは書いていて楽しかったのですが、 伝わるかな〜伝わるかな〜。 相変わらず、名乗りあげみたいな、どーんどやっみたいなシーン書くのが好きです。 「読んだよ」だけでも押していただけると嬉しいです〜
0
    | つれづれ | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | - | - | - |
      Comment
      It comments.









      trackback URL of This Entry
      http://hanagasumi.jugem.cc/trackback/1186
      Trackback