「神坐す国 永久の夢」4−2、4−3更新

  • 2014.10.22 Wednesday
  • 03:10

「なんだ、これは」
赫奪が驚愕と言うよりも怒りの強い声で言った。
「これが妖魔だっていうのか? これは……生き物なのか」
彼女の言葉は、どこかこの場にふさわしくないようだった。問いの焦点が、微妙にずれている。だが、花焔には言いたいことが分かっていた。
命あるものかと問われれば、彼ら精霊も魔物も、そうではないと答えなければならないだろう。だがこれは、彼らと同義ではない。ただの悪意の塊だ。人を害す、悪意の。
「なんてことだ……」

「神坐す国 永久の夢」更新しました。
思ったより間があいてしまいました。ふおーやっと進めるよ〜。
ほんとは4章終わりまでざっとやってしまいたかったのですが、そこまでいけなかったな〜。

個人的にはだいぶてこずったのですが、
読んでくださる方には、さっと、さらっと勢いよく言っていただけたらいいな〜と思います。

よろしかったら「読んだよ」だけでも押していただけると嬉しいです。

スポンサーサイト

  • 2017.11.08 Wednesday
  • 03:10
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    イベント参加予定

    11/5 北海道コミティア(委託)
    1/21 文学フリマ京都

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM