RECOMMEND

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『桜月亭』
<< 藤城清治 光と影の世界展 | main | 短編「赤無垢の花嫁」掲載しました >>
大宰府
いつ行ったって2月ですよ。

順番に書かないと話がつながらない話題があってですね(私的に)
なので今更2月の話。

井上雄彦さんが、伊勢神宮に奉納した絵が大宰府天満宮の宝物殿に来てるって言うことで、見に行ってきましたよ。


絵はもっと大きいのかなと勝手に思っていたのですが、そうでもなく、
力強いというよりは繊細でやわらかい印象を受けました。
スケッチとかもみられておもしろかった。
バガボンドグッズを色々買ってしまった。


参道にあるスタバ。しょうじき雰囲気壊しまくってます。まさかこんなに唐突にあるとは思わなかった(;´Д`)



大宰府天満宮は、観光地のあまりない福岡市内から気軽に行ける距離の唯一と言っていいほどの観光地です。
県外から人が来て、観光案内するとなると、どこに行けばいいと思う?と人に相談したりすると大抵「……大宰府?」と言われます。
福岡はご飯はおいしいのですが、東京などから来た人を案内するには困っちゃうんだよね。
(東京から来た人連れてショッピングとかしてもしょうがないしね)
夜の屋台街なんかはおもしろいかもしれないけど、あれも減りつつあるからなー。


ちなみに大宰府天満宮では出来立ての梅ヶ枝餅を食べるのがおすすめです。
できたてまじでうまい。
(本殿裏手のお石茶屋さんとか有名らしい……学生の時に先生がおごってくれたのここだったっけなー)


猿回しがきてました。かわいかった。


楼門、長いこと工事してましたが、いつの間にか終わっていましたね。
鮮やかな赤できれいになっています。
しかし楼門の写真のサイズが小さくなってしまったが、スマホから取り込んだりパソコンから取り込んだりしたらなんかこんなことに。


おみくじ、この時の色は梅花色。
季節によって色が変わるようです。今はサムライブルーならしい。
ちなみに私は「吉」でした……。年の頭はどこでひいてもあんまよくなかっただ。

なんというか、おみくじの色もあるのでしょうが、大宰府天満宮は全体的に可愛いですね。
というか大きな神社はお守りのデザインと言いご朱印帳といいやはり洗練されていますね。


飛梅はきれいに咲いて見ごろでした。写真だとあんまそう見えないけど…。
神苑の梅はもうちょっと先かな。
一帯咲くときれいですね。




御朱印帳もかわいい梅で、御朱印も梅。
二見輿玉神社で購入したご朱印帳はまだページが残っていたのですが、伊勢熊野旅行のものとして置いておくことにしました。
さすが大宰府天満宮のものはかわいい。

最初にもらった御朱印の梅がかけちゃったので、わざわざ御朱印帳取り換えて押し直してくれました。親切!
0
    | つれづれ | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | - | - | - |
      Comment
      It comments.









      trackback URL of This Entry
      http://hanagasumi.jugem.cc/trackback/1168
      Trackback