スポンサーサイト

  • 2018.01.14 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    2012年7月の鑑賞メーター

    • 2012.09.01 Saturday
    • 02:00
    2012年7月の鑑賞メーター
    観たビデオの数:9本
    観た鑑賞時間:882分

    しまった、今回は画像なしです。味気ないなー。

    ■千と千尋の神隠し (通常版) [DVD]
    映画館で2回みた。テレビで再視聴。何回見ても夢中になる。
    鑑賞日:07月06日 監督:宮崎駿
    http://video.akahoshitakuya.com/cmt/1541726

    ■イントゥ・ザ・ブルー [DVD]
    テレビにて久々に試聴。映像がとてもきれい。主人公カップルが美しい。ジェシカ・アルバかわいい。友達はバカだけど悪い奴じゃないんだな…。
    鑑賞日:07月08日 監督:ジョン・ストックウェル
    http://video.akahoshitakuya.com/cmt/1549129

    ■トイ・ストーリー3 [DVD]
    テレビにて。バタバタしてて笑いもあって楽しいけれど、とても切ない。映像の美しさもさることながら、張り巡らされた伏線がとても生きて、しっかりしたストーリー。おもちゃたちの悲しみに、アンディーの優しさに泣ける
    鑑賞日:07月12日 監督:リー・アンクリッチ
    http://video.akahoshitakuya.com/cmt/1549135

    ■アジャストメント [DVD]
    予告から予想していたのよりはわりと淡々と進む。もともとが短編小説だそうだから、まとまりは良いと思う。運命調整局の発想やドアをくぐる条件などはおもしろかった
    鑑賞日:07月14日 監督:ジョージ・ノルフィ
    http://video.akahoshitakuya.com/cmt/1557401

    ■宇宙人ポール [DVD]
    気楽に見られて楽しかった。口悪くて下品で、でも気のいい宇宙人ポールと、SFオタクの二人組との珍道中。いろんな映画のオマージュがたくさん入ってたようだけど、知識がなくて味わい切れなかったのは残念かな。まさかのシガニーウィーバーにはびっくりした
    鑑賞日:07月15日 監督:グレッグ・モットーラ
    http://video.akahoshitakuya.com/cmt/1557408

    ■ショーン・オブ・ザ・デッド [DVD]
    なぜ気付かないのか!っていうところが楽しくて何回も見てしまった。無理やり感がなくていい。志村ー!うしろうしろー!の感じ。クイーンの曲のところで爆笑。ブラックなので、笑っていいのかと戸惑いつつも爆笑した。小ネタが楽しくて笑えるけど、ちゃんとゾンビ映画している。気を抜いて笑いだけかと思いきや、こまごましたセリフなどで伏線もちゃんと生きてるので油断できない
    鑑賞日:07月16日 監督:エドガー・ライト
    http://video.akahoshitakuya.com/cmt/1609165

    ■サマーウォーズ [DVD]
    テレビにて。見るの4回目くらいかな。何度見ても泣けるし何度見ても楽しい!
    鑑賞日:07月20日 監督:細田守
    http://video.akahoshitakuya.com/cmt/1609248

    ■スパイダーマンTM [DVD]
    テレビにて。2も3も映画館で見たんだけど、これはテレビでやってるのを拾い見してて、はじめて通しで見た。だいぶコミカル。悪役も「ちょwww」ってなるくらいコミカル。みんなの隣人スパイディなところはやっぱり好き。ヒロインのキルスティン・ダンストは記憶よりかわいかったけど、気の多い女の子に思えて、いい感じはしなかった。強がってるだけというか、学生だからしかたないかなー。
    鑑賞日:07月22日 監督:サム・ライミ
    http://video.akahoshitakuya.com/cmt/1609251

    ■ダークナイト ライジング [DVD]
    映画館にて。IMAX大迫力だった。キャットウーマンのアンハサウェイのスタイルの良さが尋常じゃない。バットマンとキャットウーマンのやりとりが好き。8年の隠遁生活を送っていたバットマンの復活の日の、中年警察官と若い警察官のやりとりに、ワクワク感が止まらなかった。長い映画だけど、色々つっこみどころはあっても、強烈なキャラクターたちのおかげで退屈することなく最後まで楽しめた。あっという間だった。賛否両論あるラストだけど、シリーズ完結作としてしっかり締まっているし、私は好きな幕閉め。
    鑑賞日:07月28日 監督:
    http://video.akahoshitakuya.com/cmt/1609183

    ダークナイトは、ジョセフ君もすごく良かったですね!
    何気にゴードン本部長の姿が、シリーズ通して言いたい人間の姿なのかもしれない。
    「ダークナイト ライジング」については、ラストやっぱりあれ好きだなと思います。
    ちゃんと伏線もあったし、シリーズもののラストとしてしっかり終わってて私も好きです。バットマンをやめられないまま犠牲になるのではなくて、バットマンをやめる日が来たことによる終わりとしてもいいですよね。
    核爆弾については、相変わらず映画とかだと扱い軽いなーと思いましたが、まあ世界的にそういう認識なんでしょうね。全然違う新型爆弾ではダメだったのかな。「街で爆発するよりはましなんだということにしておこう、放射能まみれだけど…」と思うことにしました。
    ライジングみてからダークナイトテレビでやってたやつを見直したのですが、骨組みは同じなのかな?と市民への問いかけと言うかテストのようなものは似てると言うか、一度答えが出たことをまたやってる気は少ししましたね。そして今回の回答は真逆なのだな。人は個では人を殺せないけど、集団でならば殺せる。
    スピンオフ作品はつくってほしなー。キャットウーマンはすでに話があがっているようだけど、ロビンもみたいなー。

    以下はぐぐるたすに書いてたやつ。
    ショーン・オブ・ザ・デッドのこと。

    2004年のイギリスゾンビ映画です。コメディーです。
    最近ですと、「宇宙人ポール」のコメディアンコンビが出ている映画です。
    ちょっと前の映画なのですが、日本未公開の映画で、知名度がどれくらいなのかわからないなー。先日はじめてみました。
    「ウォーキング・デッド」のシーズン1をダーッと一気に見て、感想サイトなどをまわっていたときに(映画を見たりドラマを見たりすると、だいたいウィキペディアを見て感想ブログなんかを見て回ります)、非常に秀逸で笑えるゾンビ映画として紹介されていたので、気になっていたのでした。ゾンビ映画ファンからは非常に評価が高い映画なのだそうです。
    (ちなみに「ウォーキング・デッド」は、荒廃した街から逃げる車でいっぱいの道路と、馬に乗って空っぽの反対車線を行く保安官のポスター写真が非常に秀逸なドラマですね。最初はほんとにドラマでここまでやるんだ!って思うのですが、私は3話目くらいからスケールダウンしたなあ、と思ってます……。こじれていく人間関係や、良かれと思ったことが裏目に出ちゃう、っていうのがやりたいのだと思うのですが、個人的には、つっこみどころが多くてスケールダウンしたようにしか思えないのだ……。しかし「処刑人」に出てた、ノーマン・リーダスが非常に良いので、それだけでも見る価値はあるw)(この辺前も書いたかな)

    4本DVD借りてたんであんまり余裕なかったんですが、冒頭部分だけでも2回も見ちゃう程度には面白かったです。
    うだつのあがらない29歳販売員の主人公ショーンは、家でゲームばかりしているルームメイトと暮らしていて、デートにもルームメイトつれてきちゃう主人公にうんざりしている恋人に振られそうな感じ。かなりぐだぐだになっちゃってる主人公が、ゾンビ徘徊する世界に放り込まれたらこんなんなりました、みたいな映画です。

    なんかもー細かいところが非常に笑えるし、戦ってるシリアス中にも笑えるっていうね。笑ってたらいきなりドシリアスで、しかもそれがまたブラックジョーク混じりで、非常に困惑もするんですが(え。ここ笑っていいの?って感じで笑)。
    一緒に逃げるメンバーの一人がハリーポッターぽいのも笑えますw

    そもそも、ロンドンの人々が、死んだような顔でゾンビみたいにぐったりして日常送ってる上、ショーンがあんまりまわり見てないもんだから、町にゾンビが増えてきてもショーンが全然気づかないところがおかしくて。早く気付いて!!
    家に侵入されても酔っ払いだと思って記念撮影してたり、レコードをブーメランみたいに投げつけてゾンビを倒そうとするんですが、
    「これ投げて良いか?」「ダメだ」「これは?」「ダメ」「これは?」「投げろ」みたいな、やりとりも好きです。全然緊迫感がないけど、なんかわかる!w(ちなみに私が覚えてないだけで、ちゃんとアーティスト名と曲名言ってました)
    Queen の「Don't Stop Me Now」に乗せて「ハバナグッタイム ハバナグッタイム♪」とめっちゃテンポよくゾンビ殴ってるのに爆笑しました。(本人たちは非常にまじめ)

    物語としても非常にきちんと作ってあって、細かいセリフや日常がしっかり伏線になっています。
    ちゃんとゾンビ映画してるので、スプラッタもありますが、そこが大丈夫な人にはとってもおすすめ。

    スポンサーサイト

    • 2018.01.14 Sunday
    • 02:00
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>

      イベント参加予定

      11/5 北海道コミティア(委託)
      1/21 文学フリマ京都

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM