スポンサーサイト

  • 2018.01.14 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ウェルカムアイテムとウェディングケーキ

    • 2014.04.01 Tuesday
    • 02:16
    まだまだ続くよ!

    その他もろもろ使用したアイテム。


    こちら受付。
    芳名帳はもちろん桜です。
    写真撮りそびれたんですが、ラナンキュラスのコサージュのついたフラワーペンを用意してました。
    お花は、アイテムフェアの時に式場併設のお花屋さんに色々お話を聞いた特典で、無料で用意してもらえました。


    ウェルカムドールのモーグリ。ふたりともゲーム好きなので(笑)。
    いくこさんに作っていただきました!
    衣装は当日の二人の衣装とお揃えにしてくださいました。

    ムービー用にも、モーグリを作っていただきました。
    ムービーは消しちゃったのですが、こんな感じ。ストップモーションアニメです。

    矢野絢子さんの「てろてろ」にあわせて作ったムービーだったので、自転車に乗っています。

    このどへたくそな桜は私の手作り(笑)。

    この街頭もいくこさんのペーパークラフトの手作り!
    ちゃんと光るし電池も変えられます。すごすぎる。

    この夕日の背景は旦那の力作(笑)。これも羊毛フェルトです。
    この辺の細かいことは前にムービーのとこで書きましたが……。

    あとは、これも友人が書いてくれたウェルカムボード。

    (もにゃもにゃってなってるところは、名前と日付を消した跡です)
    後で玄関に飾れるように、ウエディングの文字はあえて入れないでもらいましたが……。
    ウェルカムのつづりがまちがえてるのはご愛嬌!(笑)


    こちらは義兄が作ってくれた、前撮り写真でのウェルカムボード。
    ほんとは私が自分でする予定だったのですが、作ってくださるとのことだったので、お願いしちゃいました。
    せっかく3着も着物を着たので、白無垢もいれてほしかったなーとか……ちょびっと思っちゃいましたが、これは女性と男性の違いかもな〜。事前に白無垢メインで!ってお願いしとくべきでしたね。


    ウェディングケーキ。生ケーキです。
    これもモーグリにするか迷ったんですが、ペーパーアイテムとそろえてプーさんとティガにしました。
    これも色々写真を見まくって考えたんですが、結局、「ウェディングケーキ!」って形の三段で、上に人形が乗ってて、マジパンの薔薇と桜のお花が咲いてるっていう、わりとオーソドックスな形になりました。
    シンプルな中にもいかにも感があって気にいっています(笑)。
    これが、実はかなり予算オーバーで。
    ケーキに飾る花を生花にすると予算を押されらえますよともいわれたんですが、どうしてもマジパンがよかったの!(ケーキっぽいから)
    それじゃあ、ケーキの前に置く装花をやめて、マイクにつけるリボンをやめたら、ケーキ代があがっちゃってもいいかなあ、ってプランナーさんに言って、とりあえずその日の打ち合わせは終了。
    この式場いつもうちあわせにいくとケーキを出してくれるんですが、パティシエが自慢の式場らしいんですね。
    次回打ち合わせの時に、そのパティシエさんがありがたくも「そこまで新郎新婦がケーキに思い入れがあるのでしたらご予算内でいいです」ということで、かなり負けてくれたとプランナーさんが教えてくれました。ほんとに感謝感謝!

    式の準備を通して、こちらがお願いしなくてもこうして気を利かせてくれることが多くて、式場にもプランナーさんにも感謝でしたね。

    ただ、打ち合わせの時に、上のマジパンの人形を持って帰った新郎新婦さんの話を聞いていたので、うちにも用意してくれるかな〜って思っていたんですが、それはなかったのが残念……。
    結婚式のうちあわせをしていて思ったのは、やっぱり「いつも出席すると、こうだから…」って思いこんで、こうなるだろな、こうしてくれるだろうな、って思っているとだめだということですね。細かいなと思われてもいいので、逐一全部確認したほうがいいです。
    前撮りとかの経験から分かってたつもりだったんですが、それでもちょいちょい漏れがありましたがらねー。
    (まあ結婚式は総合プロデュースだから、そういうこともあるわなー)

    装花

    • 2014.03.31 Monday
    • 02:57
    おいおいもう2年前じゃんよ!!
    ……といいながら、書いちゃわないと気にかかるので、ちょいちょい書いていきます。結婚式のあれの続き。
    こ、今月中に書ききりたかったんだけど、どうかなこれ。3年後も書いてそう(;´Д`)

    とりあえず、装花。
    これは前の桜で飾られた写真を何かで見てから、絶対に桜で飾りたいなと思ったんですが、
    まあぶっちゃけて桜って高いんですよね!
    あと、ブーケの時にも言われたのですが、桜は枝があって花が小さいため、隙間がたくさんできてしまうので、背の高い花瓶にドンと刺すとか、短い枝のものをたくさんいれるとかしないといけない(そうするととても高い)。

    なので、ブーケ同様、スイートピーを隙間に入れて埋めてもらました。
    メインテーブル

    横にあるウェディングケーキの前には、同じような感じで作ったアレンジメントを2つ置いてもらい、キャンドルサービスをしない予定だったので、メインキャンドルを置くキャンドル台が寂しい感じになりますがどうしますか?と言われたので、挙式と披露宴ではちがうブーケを持つ予定だったこともあり、挙式で使ったブーケと、ウェルカムドールを置いてもらいました。

    両家とも親が遠方で、両親に贈る花は生花でなくてリースにしたプリザーブドフラワーだったので、それを置いていてもよかったかなーと後で思いました。
    全部置いた状態の写真が正面からのがなかったので、こんな感じです。



    それから、入口わき。

    もっと桜をくぐって入場な感じにしたかったのですが、花がたりなかったね(;´Д`)
    これは寂しい感じになってしまいました。

    各テーブル(ちゃんと席札の蝶がとんでますね)

    ほんとは各テーブル桜で飾りたかったんですけどね、やっぱりぶっちゃけてお金がすごくかかるので断念。
    これも色んな写真の切り抜きを持って行って、お花屋さんと相談。
    せっかくの生花だし、最初はリースにしてもらおうかと思ったんですが、それよりもアレンジメントにしたもののほうが持って帰ってもらいやすいかなとか思ったのと、キャンドルサービスをしないけどキャンドルが似合うようなゴシックな感じのお部屋だったので、キャンドルを置きたかったというのもあって、ラナンキュラスをメインに桜とスイートピーのアレンジメントを3つ、その間にキャンドルを3つ、その間が輪になるように花びらを散らしてもらいました。

    この花びらがまたくせもので(笑)。
    1,2枚なら無料、たくさんちらすなら+500円っていわれたかなー。
    これがまた課金がこまかいですが、花びらは花びらで有料で売ってたりするものですしね……(フラワーシャワーの花びらも生花にするかどうかで値段が違うこともあるんでしたっけ。うちはこみこみでしたが)
    「い、1,2枚よりは多めに、ほどほどにお願いします」ってことで無料でしてもらいましたが、けっこうたくさん散らしてくれてましたね。感謝です。

    当日じっくり見る余裕などなかったのですが、写真を見て、我ながら「うむうむ、いい雰囲気じゃん!」と満足してました(笑)。
    装花を桜メインにしたおかげか、男性陣もけっこう持って帰ってくれてて、それも嬉しかったなー。

    これ以前の記事はこちらのカテゴリから

    ウエディングドレス(挙式)

    • 2013.04.29 Monday
    • 01:35
    相変わらずに今更ながらの結婚式レポ。

    ウェディングドレスは、以前も書きましたが、パタンナーの友人が手作りしてくれました。
    (私もドレスのすそのまつり縫いは手伝いました……)

    色々試行錯誤の末
    「お色直しが一回なので、挙式と披露宴ではイメージチェンジをしたい」
    「挙式では乙女チックで可憐な感じに。前から見た感じはJILLSTUART風、後ろから見た感じは松居エリさん風。前撮りでティアラをつけたので、桜の花冠をかぶる。ブーケは桜の生花」
    「披露宴ではアダルトチックに。真っ赤なブーケを持って、ショルダーネックレスをして、ラリエットをする」
    「マリアベールかフェイスアップベールか迷うので両方やりたい」
    というわがままを炸裂。

    その結果、アシンメトリーなソフトマーメイドのドレスに、取り外しできるオーバースカートをつけて、挙式ではオーバースカート着用、披露宴でははずす、という感じになりました。


     
    前から見た感じ。 オーバースカートの中にチュールを仕込んであるので、Aラインぽくなってます。
    きれいな三段レースです(本体は2段のレースで、オーバースカートのが1段)
    このドレスのレース、どうしても金糸レースにしたくて、探しに探して大変でした。写真ではあまり見えないのですが、とってもきれいなレースです。
    ちなみに、チョーカーの下に、母にもらったパールのネックレスをしているのですが(サムシングオールド)分かりにくいですね。チョーカーまでぼかしてしまったな……。


    後ろから見た感じ。
    これ分かりにくいんですが、お尻部分にチュールを多めに入れててあってバッスルになっています。 さらにリボンの垂れのすその部分にもレースとビージングがほどこされているのです。
     
    家で試着してた様子……。
     後ろがごちゃごちゃしてるのは気にしないでください(;´Д`)
    垂れのところはお花と蝶のモチーフレースです。
     
    胸元、ウエスト、おそろえのレースで作ったチョーカーに加えて、ベールにもビージングしてもらいました。スワロフスキーとパールビーズです。
    ビデオで見たら、キラキラしててとってもきれいでした。
     
    桜とミニバラの花冠。アクセントにガーベラとリボン。髪に絡める桜の花。ネットでオーダーして作ってもらいました。
    桜は加工が難しいとのことで、アートフラワーですが、とってもかわいくて気にっています。
    ちなみにベールはミドル丈のマリアベールを作ってもらって、それをフェイスアップベール風にかぶっています。
    頭の花冠のきわのところ(後ろ側)にUピンさしてとめてあります。
    フェイスアップベールの盛りあがったふわっとした感じよりはこちらのしっとりかぶってるのが好みだったので、ちょうど良かったです。


    上でもちょこっと映ってましたが、桜のブーケ! 桜の生花です。
    色々ネットなどでリサーチした結果、桜の生花のブーケは作るのが難しい、というのを見ていて、心配だったのですが、アイテムフェアでかなり早めに式場のお花屋さんと話す機会があって「生花の桜のブーケを作るのが可能かどうか」を確認したところ、オッケーだったので、ものすごく色々画像を探しました。
    色んな画像を持って行って、最終的に打ち合わせをしているときに
    「桜は花が小ぶりなので、桜だけで作ろうとすると、ブーケを持つというよりは枝をつかむ感じになる(そして重い)」ということだったので、
    先に出来上がっていた花冠に合わせて、隙間を埋めるように、ミニバラと、スイートピーを入れてもらいました。
    しっかり花冠とブーケでお揃えの感じになって、春らしいまさに「花嫁」って感じに出来上がって満足しております。

     おまけ。
     
    これは購入しました。オーガンジーのロング丈で、フィンガーレスのグローブ(私は忍者グローブと呼んでいる……)。
    腕のところと手の甲のところにモチーフレースがついてて、ビージングがされていて、これもとてもきれいでお気に入りです。ドレスによくあってました。

     さらにおまけ。
     

    桜の下でのブーケトス。 前に載せたのとは別角度です。なんかおめでたい感じがして気に行ってますよ!(笑)

    ペーパーアイテム

    • 2013.03.31 Sunday
    • 01:03
    今更ながら、ちょうど一年くらい前の結婚式の時の記事を書くぞ!
    すごい今更だけど、今のタイミングを逃すと二度と書けない!(ほんとは今月かけて書くつもりだったんだけど、またギリギリに!)

    写真の加工がめんどくさくてな…。

    とりあえず今回はペーパーアイテムについて。

    一応式のテーマは「桜」裏テーマは「蝶」で、さらになぜか「プーさん」という、とっちらかったことになりましたが……w
    (最初は和洋折衷な和風モダンというか、大正ロマン的な感じにしたかったんだけどね。プーさんの時点でなんか壊れてきたw)

    文字の消し方が雑なのは許してください。


    招待状。
    もともとは手作りする予定だったんだけど、式場のプランに入っていたので、既製品です。
    蝶モチーフのものにしようと思って、プーさんも好きなので、これにしちゃいました。
    (よくみるとプーさんがいるんですよねー)
    おとなかわいいという感じです。ディズニーうますぎるぜ。

    席次表もプランに入っていたので、同じデザインのものでした。
    しかし招待状と席次表は、業者に頼んで正解だったと思いました。すごい気を使わないといけないものだから、これはプロに投げちゃったほうがいいですな!
    しかし、中に挟んだバスの案内などは、人によって違ったので手作りしました。

    メニュー表はプランになかったので、手作りです。


    表はプーさんのクラフトパンチでかたぬきしました。
    中身の上の部分もかたぬきです。
    色が薄くて分かりにくいですが、濃い色でやるとこんな感じ


    ……というか、私もと同人女のスキルで、60冊くらい余裕だと思っていたんですわ。
    もっと凝ったコピー本とか作ってましたし。
    ただ、最終的に私がムービー編集でいっぱいいっぱいになってしまい、
    デザインしたのは私なのですが、制作したのは全部旦那なのです。
    パンチが予想以上に固くて大変だったみたいです。
    フォントはフリーのディズニーフォントを使いました(ちなみに一部つづりまちがえてましたorz)。

    席札もプランになかったので手作り。

    グラスに挟んでおくタイプです。
    印刷するときに、普通にPCで出てこない漢字の方の外字作成をしたりして(うちの実家がそもそもそれだし)、何気に時間がかかりました。
    式場の人、セッティングがめんどくさかったんじゃないかと思うので、ちょっと申し訳ない。

    そしてサプライズ用の案内。

    メニューにはさんでました。
    文章はやはり気を使いましたね!
    招待状など、お祝い事には区切りをつけないということで、文章に句読点をつけるものではないそうですが、
    ついついつけてて直したりして、それも手間取りました。

    これ、皆さんのメニューにはさんでおいてください、とプランナーさんに言っていたのですが、
    はじまってみたら、我々のメニューにもはさんだまま!
    (型をぬいたプーさんのところから文字が見えていた)
    「ええええーここまできてバレるのー!?」と思ったのですが、
    旦那が友人たちに気を取られた隙に奪い取り、介添えさんに「これ捨ててください!」と渡しました。介添さんが???な感じでしたが、なんとか無事にバレずにすみました。

    あとは二次会用の案内。

    両面印刷用の紙を買って、裏面に二次会会場の住所を書いて、全面に地図を印刷。
    お店の近くまでシャトルバスを出していたのですが、結構入り組んだ場所なので、わからないかなーと思って。

    ペーパーアイテムはこんなところかな。
    ちょっとジャンル違うかもしれませんが、芳名帳や、お礼を入れた封筒も桜にしました。
    封筒は和紙のでそろえてました。芳名帳に記入してもらうペンも、ラナンキュラスのお花のついたフラワーペン用意してたんだけど、写真撮りそびれました。

    たぶん近いうちに続きます。

    ※追記
    結婚式にかこつけて、素材集をいくつか買いました。
    今回役にたったのはこれ!

    ムービー

    • 2012.05.20 Sunday
    • 01:21
    フリーの音楽を使っていないので
    迷ったんだけど迷ったんだけど
    ほんのちょびっと短期間だけ掲載しちゃおうかな。

    結婚式のエンドロール用に作ったムービーです。
    (なんかキャプチャ画面変だなあ(;´Д`))



    ちょっと動画の出力失敗したかな。画面がガタガタなっちゃってます。画面外の写真まで出力するようにしちゃったぽい。
    オープニングムービーもプロフィールムービーも作りまして、まあプロフィールはここに載せるようなもんじゃないからおいといて、オープニングも前半は同じ人形でストップモーション作ったのですが、後半が自分たちの和装前撮り写真なので……公開しません。

    ちなみにオープニングのストップモーションの写真は私が撮っていて、エンドロールも私が全部やる予定だったのですが、他にも色々あってテンパっていたので、旦那がやってくれました。
    予想してたけど、途中疲れちゃって写真の枚数がすくねーよ動きがぎこちねーよ、ってことになっちゃってますが(笑)、いややってもらって良かったです。間に合わなくなるところだったし。
    ほんとはずっと前に人形作ってもらってたのですが、動画ソフトがいつものじゃだめかも!!ってなったりして(FlashじゃDVDプレーヤーで再生できないので)、ソフト検討してる間に時間なくなったのでした。

    そんなわけで、人形や街灯のペーパークラフトは木陰屋の坂木郁子さんがつくってくださいました! 人形は羊毛フェルトでちゃんと可動式で、お洋服も手作りで、すっげええーかわいいモーグリです!
    雪だるまとか、気合いの入った夕日の背景は旦那が作ったです。大の大人の男の人が、羊毛フェルトで小さい雪だるまを作っている姿はかわいいというかシュールというか(笑)。
    私は動画編集が主。
    地面とか、あまりにもゆるい青空の背景とか(アイロンかけたんだけど、しわがなかなか消えなかったんだよー)、桜の木とか、星空とかも私です。
    ちなみに、木はドールハウス用のを購入。自転車はシルバニアファミリーです(人形、ちゃんと自転車に乗れるようにバランスとか気を使って作ってくださったのです…ありがたや)。草は水槽用の飾りを買いました。石とかは100円ショップで園芸用のを購入したです。

    実際にはロールアップで、出席してくださった方の名前が流れるのですが、あれがあるのとないのじゃ、なんか全然違うなー。何もないと動画の粗が……(^^;)
    節約も兼ねてのストップモーションだったのですが、けっこう好評でした!
    ほんとに可愛い人形つくっていただけて、感謝感謝です。

    指輪「SAKURA」のこと

    • 2012.04.25 Wednesday
    • 23:08
    結婚式の準備にとりかからないといつまでたっても式ができない、と焦っていた頃。
    相方の休みがまったくない状態で全然話が進まない。でも何かしとかないとって感じで、式場を友人と見て回ってました。その勢いで指輪も見ておこうと思って、指輪までも友人に付き合ってもらって色々見てまわってました(笑)。
    そもそも「このブランドでないと!」っていうこだわりがないので、それが困る。

    しかし、一応これいいなーと思っていたのがあって、それが「杢目金屋」さん。
    薄い金属の板を叩いて鍛えて、木目のような模様を作ると言う日本の伝統工芸法で作られている指輪で、古くは刀の鍔とかにも使われていたらしいです。
    エンゲージを見て回ってる時についでにこれを扱ってる店も覗いたんですが(残念ながらこちらに直営はない)、その時にこの製法が「鍛造」で、普通の「鋳造」で作られる指輪より丈夫である、と聞いてから、「できれば鍛造の指輪がいいなあ。私そそっかしいしなあ」とぼんやり思ってはいました。
    で、相方の指輪の希望としては「人とかぶらないのがいい」ようなことを言っていて、最初は「杢目金いいねー」って感じだったんですが、「ちょっとデザインが特殊で飽きないかが心配」とか言いだしまして。しかもオーダーだし、鍛造って金属の密度が高い分、お値段もお高めなんですよね。

    とりあえず木目金は一旦保留にして仕切り直し。
    定番のティファニーやカルティエも見に行きました。ミーハーなので「グレースケリーのカルティエかあ……オードリー・ヘップバーンのティファニーかあ……」とかぽわぽわ思いながら。しかし、これ!って響くのがなくて、かわいいなあと思ってもお値段と折り合いつかない。

    次に気になったのがシャネルのカメリア。
    椿好きだし、リング自体が花の形をしていてかわいいし、お値段もいい感じだし、と思って試着してみたんですが、どーも細い。普段太めの指輪をつけていたので、物足りなかったのです……。しかもできればハーフエタニティーか、もうちょっと石がついているのがいいな、とか……。
    フルオーダーのケイ・ウノに言ってみて、カメリアっぽいリングでもうちょっと太めでハーフエタニティーにしたらどのくらいになるか、相談でもしてみようかなあと思っていたですが。


    何の雑誌だったか、目に留まったのが、フラージャコーの指輪でした。
    「sakura」という名前の指輪です。
    このブランド知らなかったんですが、スイスの有名なブランドらしいですね。
    これが鍛造で、しかも1年間日本だけの限定生産で、桜をモチーフにした指輪とのこと。
    プラチナだとめっちゃ高いけど、ホワイトゴールドとかにすればそこそこのお値段だし、フラージャコーのホワイトゴールドは、他のブランドと違ってメッキじゃくて金属自体に銀を練り込んであるらしいので色がはげてこないし、白っぽいのが嫌な相方にもいけると思うし。
    フラージャコーはゴールドスミス(貴金属細工師)という職人さんが多数いるそうで、そういうこだわりもすごくいい。指輪を注文すると、スイスの自社アトリエで作るそうなので、一ヶ月くらい待つことになります。

    期間限定だったので、急いで試着に行きました。
    フラージャコーの口コミ見てると「つけ心地がいい」っていう評価がよくあって「指輪のつけ心地ってなんやねん意味分からん」と思っていたのですが、これがもうよくわかりました。
    ほんとにつけ心地いい。つけてる感があんまりないです。デザインがでこぼこしてるのでちょっとつけてる感は残るけど、飾りのないデザインならもっとつけ心地がいいはず。
    鍛造は重いっていう話だったけど、全然重くなくて、逆に大丈夫か??ていうくらい。
    それまでこれというものがなくて、どうしようどうしよう、とうねうねしてたんですが(まあ、迷うのも楽しいんですが)、ここで出会ってしまいました(笑)。
    しかしさすがに一生ものなので、いったん持ち帰って考えて、旦那も私も「これがいい」ということになったので、翌週注文しました。予定よりも半年くらい買うの早かったです(笑)。

    この指輪、何がポイントかというと

    横から見ると桜の形! これに私が食いつかないわけがない!w
    カメリアみたいにリングの形がというわけではないけど、ここのブランドは「真円」の指輪というのが売りのようですし。


    普通につけてるときは普通の感じなので、
    男性でも変じゃないのです。
    とってもお気に入りの指輪です。

    結婚式レポ(BGM)

    • 2012.04.21 Saturday
    • 17:31
    今更感あふれますが(笑)。
    写真のデータが納品されたらレポ書こうかなとおもっていたんですが、なかなか来ないので、写真データがいらない内容でも。

    ところで、どうも私ずっと結婚式準備が趣味みたいになってたようで、ひどい燃え尽き症候群でした。
    花嫁コミュのぞいて口コミチェックしたり、失敗談とか読んで勉強したり、義実家とのもめごととか旦那さんとのもめごと読んでみたり。
    ドレスやらケーキやら装花やらを色々チェックしてみて、どういうのにするか検討したり。
    なくなっちゃってすごい寂しい(TдT)
    どうも私、何か企画したりするの好きなんだろうなー。

    そのへんはやっとこさなんとか、復活してきましたが、
    大方の予想に違わず、今月頭からずっと体調崩してる私です(;´Д`)
    この3週間微熱が続く感じ。2日ほど「あ、戻ったかなー」と思ったらまた熱みたいな(;´Д`)
    その間にも仕事がぎゅうぎゅうでだったんですが、落ち着いてきたので、休養したい……とこです。
    「なにかやりたーい!!!」っていうのはおさまらないので、ぼちぼちやっていきたいです。
    とりあえずレポでもちょいちょいあげて気を紛らわすで。

    んで、表題の件。
    結婚式全体のテーマは「桜」裏テーマが「蝶々」でした(さらにその奥に、プーさんがいた…)。桜だらけにするとそれはそれでしつこいかな、というのもあって。
    とりあえず「春らしく!」と思ってました。

    結婚式の準備してる間、入場曲については結構変遷がありました。1年近く時間があるわけですし、「絶対これ!!」ていうのがあったわけでもないので。
    龍馬伝テーマにしようかとか、宇多田ヒカルの光にしようかとか。
    そもそも映画が好きなので映画音楽メインにしようと思っていたんですが、結局、昨年末からGleeにはまり、シーズン1と2を一気にみたせいで、Gleeばっかりになりました。

    迎賓
    「Stand By Me」BEN E.KING(映画「スタンド・バイ・ミー」)
    「She」Elvis Costello(映画「ノッティングヒルの恋人」)
    「joyfull joyfull」(映画「天使にラブソングを…」)
    「oh happy day」(映画「天使にラブソングを…」)

    オープニングムービー
    「プレリュード」FINALFANTASY9
    「桜会」ゆず

    入場
    「May it be」Enya(映画「ロード・オブ・ザ・リング」)
    ぜったいどっかにLOTRいれないといけん!!
    て思ってたんで、ここにいれました。
    歌詞はあんま結婚式向けではないけどね…。
    マリアベールにラリエット(額飾り)での入場だったので、
    ファンタジーっぽくてばっちりだったのでは、と自分で思ってますw

    プロフィール紹介
    「春を知らせるもの」(「夏目友人帳」)
    インストで、司会の人の言葉を邪魔しない曲、というのがなかなか決まらなくて、夏目アニメを見てるときに「そうだ!夏目のサントラ!!」と思い至り、これにしました。「桜の咲くころ」と迷ったんだけど、0:40くらいの、ちょっと盛り上がるくらいから流してもらいました。
    ピアノとバイオリンの感じが良くて、私的には、これもぴったりだったのでは、と思ってます。

    主賓祝辞
     BGMなし

    乾杯
    「All You Need is Love」The Beatles
    お勧めBGMサイトにのってたままw
    乾杯からのファンファーレでもりあがってよい、親世代にもうけがよいであろうってことで。
    たまたま旦那側の主賓の方がビートルズ大好きって言ってたからぴったりだったと思います。
    ファンファーレとともにカーテンがあいて、メインテーブルの後ろの桜が見えてばっちりでした。

    ケーキ入刀
    「創聖のアクエリオン」Akino(アニメ「創聖のアクエリオン」)
    某さんがされてたの参考にしたw
    音響さんが、入刀に合わせてサビもってきてくれてました。
    アクエリオンはね、ふたりには抜かせないものだからねw
    んで、曲目の話をしているときに、プランナーさんもアクエリオンを見てた、という話になり、なんか一気に距離が近くなった気がしましたw

    新婦お色直し中座
    「ねぇ」perfume
    →ドレスをつくってくれた友人と退場しました。

    サプライズ再入場曲
    「Happy Birthday」Stevie Wonder
    旦那の誕生日に合わせたサプライズ用の曲
    退場したと見せかけて、誕生日ケーキを持って再入場したのです。

    誕生日ケーキ食べさせる時の曲
    「THE NEVER ENDHING STORY」坂本美雨(映画「ネバーエンディングストーリー」カバー)

    再び退場
    →弟と
    「Banana Splits」The Dickies(映画「キック・アス」)
    ヒットガールのテーマですね。子供番組の曲らしいです。

    新郎お色直し中座
    「陽のあたる坂道」Do As Infinity

    プロフィールムービー
    「御影意志」UVERworld
    「Defying Gravity」(ミュージカル「ウィキッド」)/(Glee Cast Version)
    「Defying Gravity」は旦那リクエスト。あんまり結婚式向きじゃないんですが(私旅立つわ!の曲だしね。キスミーグッバイって言ってるしね)、まあ、親からの旅立ちってことでいいんじゃね、と強引に。

    再入場
    「Marry You」Bruno Mars /(Glee Cast Version)
    まさに、Gleeの結婚式で入場に使われてた曲。

    ティーサーブ
    「Candyman」 Christina Aguilera
    「Oh, Pretty Woman」Roy Orbison(映画「プリティーウーマン」)
    「Lady Marmalade」Christina Aguilera Lil Kim Mya P!nk (映画「ムーランルージュ」)
    「Raise Your Glass」P!nk/(Glee Cast Version)
    メイン:「君の神話〜アクエリオン 第二章〜」AKINO
    アクエリオンだらけで大丈夫か、な感じになったけどw
    キャンドルサービスではなく、花茶のサーブをしたので、明るめのパーティーっぽい曲をチョイスしました。
    「「Raise Your Glass」は原曲と迷ったけど、女声男声女声ときたのもあって、ウォブラーズバージョンにしました。

    花嫁の手紙
    「Your Song」Elton John

    両親へのプレゼント
    「I want to hold your hand」The Beatles/(Glee Cast Version)
    これもGleeで、カートがお父さんへの思いとして歌ってた曲ですね。

    退場
    「Ever Ever After」Carrie Underwood (映画「魔法にかけられて」ED)
    「めでたしめでたし」「二人は幸せに暮らしました」な曲なので、エンディングにもってきてみました。

    エンドロール
    「てろてろ」矢野絢子

    ゲスト退場
    「Don't Stop Believin '」Journey/(Glee Cast Version)


    歓談

    「Just the way you are」 Bruno Mars
     Gleeバージョンと迷ったけど、ここはあえての原曲
    「Melodies Of Life (The Layers Of Harmony)」白鳥英美子(FF9EDの英語ver)
     これも結婚式向きの曲じゃないけど、英語Verでごまかした。
     しかもこれどうしても、私的に「終わったー」って思ってしまうのでハーモニーちっくなアレンジされてるバージョンにしました。
    「Lucky」Jason Mraz & Colbie Caillat/(Glee Cast Version)
    「l'll stand by you」the pretenders/(Glee Cast Version)
    「over the rainbow」/(Glee Cast Version)
    「Teenage Dream」Katy Perry/(Glee Cast Version)
    「Morning Train」Sheena Easton
     ソフトバンクCMの曲っすね。
    「Singing In the Rain / Umbrella 」(Glee Cast Version) [feat. Gwyneth Paltrow]
    「Faithfully」Journey/(Glee Cast Version)
    「Simple And Clean」宇多田ヒカル(ゲーム「キングダムハーツ」テーマ「光」の英語ver)
    「I Say A Little Prayer」 kazami(ドラマ「大奥」)
    「seasons of love」(ミュージカル「RENT」)
    「Can't Help Falling In Love」A*Teens(映画「リロアンドスティッチ」)
    「F**n perfect」P!nk
    「XXX」L'Arc-en-Ciel
    「空はまるで」MONKEYMAGIK
    「歩いていこう」いきものがかり
    「Pyramid (feat. Iyaz)」Charice

    2曲ほど歓談の曲がたりなかったなーと思ったのですが、
    ちょうど「今から花嫁の手紙です」と司会の人のナレーションの時に、FF9エンディングの「Melodies Of Life」が流れてて、私的にはばっちりでした!

    京都で和装の前撮り

    • 2011.04.02 Saturday
    • 23:59
    和装の前撮りに行ってきました。
    「結婚式の時には和装しないだろうから、写真だけでも撮っておきたい」っていうのと「本当は京都で挙式したいけど現実的に考えて難しいだろうから」ってことで、京都でロケーション撮影をしてきました!
    (どんだけ京都好き)

    撮影に当たって、小物を準備しました。
    撮影してくださったところでもお花はお借り出来たみたいなんですが、せっかくなのでコンセプトを! と思いまして。ドレスの前撮りしたときがもーあわただしくて時間なくて、全然凝れなかったので「今度こそ!」って感じで(でもドレスの前撮りの時の小物や出来栄えも気にいっています)。

    髪飾り、ブーケは椿メインでそろえました。あとちょっと桜。
    桜をバックに撮るのに、偽物の桜つけるのもなあと思ったんですが、あったほうがかわいいかなあと思って。
    髪飾りは、白椿と紅椿と桜とタッセル!
    タッセルはずせません。和風の紐の房飾り大好きなんですわー!
    作っていただいたのはネットのヘッドドレス屋さんなんですが、サイトにあった商品にお願いしてアレンジをしてもらいました。
    (ちなみにちと追記:椿は斬首を連想させるので縁起が悪いと言われるようですが、幕末以降の俗説とされるとか。実際武士はお茶の席のお花として椿を好んでいました。春を告げる神木とされてきたし、魔除けとされてきたので縁起が悪いわけはないのですが…。不吉とされるなんて残念ですわー)



    ブーケです。紅椿と白いピンポンマムと桜とタッセル。ちょこっと行き違いがあり、本来は扇のついたキャスケード風のブーケのつもりだったのですが、キャスケードの出来上がりイメージをいただいて……。しかしあまりにもかわいかったので、このまま作ってもらいました。


    んで……迷いに迷ったあげく、扇子のブーケを諦めきれなくて、もう一個作ってもらいました(笑)。わはは。散財したで! 今回私が「やりたい!」って言ってわざわざ京都まで行くのもあって、挙式予算とは別に私のポケットマネーで行いましたもので、そりゃもうむしろ逆にやりたいことやってやるわって感じで(笑)。


    ネイルは以前に「白無垢には意外と、透明な赤のグラデが映える」って教えてもらったのと、赤ふきで着る予定だったのがあって、こんな感じに。お花もあまり派手にならないようにしてもらました。ストーンつけられたけど外してもらったし(;´Д`)

    チップにして、お色直しにあわせようかなとも思ったんですが着物は裾を持たないといけないし、当日3着も着る都合上(そして遠方ゆえ前日打ち合わせ不可で当日衣装を選ぶので時間が押し押し)着替えの時間も考えて、自爪にすることに。
    赤なら、多分打掛とか引き振袖にもあうだろうってことで。

    そしてつけまつげも用意して言ったんですが、「写真だし派手目でいいかー」と思ってかなり盛ってるやつ買ってったらあまりの盛りっぷりにちょっとびびりました(笑)。でも遠目でみるとやっぱ派手派手でもないから良かったかも。


    カメラさんは、もうネットで探しに探しました。Studio TAIGAさん。
    白無垢、色打掛、引き振袖三着着させてもらえる、というのが意外となくて。しかもお値段がお手頃、明朗会計というのがすごくありがたかったです。
    サラリーマンをしながらフォトグラファーをしている旦那さんと、メイクと着付けをしている奥さん(と、マスコット的な2歳くらいの看板娘ちゃん)でされているところです。
    桜の時期にしたかったので、10月から予約してた(笑)。
    着物は、着付けの先生をされている方にお借りしています。
    当日は朝7時30分に集合で、着付けの先生のご自宅にお邪魔して着物を選び、着付けと、ヘアメイクをしてもらいました。
    ロケーション撮りで乱れないように、始終奥さんが襟や裾を気にしてくださったし、着付けの先生も美容師さんも撮影途中まで一緒に来られていたので、時には三人がかりで綺麗に整えてもらって、ほんとにありがたかったです。
    実は神社で自分を含め三組の新郎新婦が鉢合わせをしたのですが(笑)、カメラさん一人だけ同行で、綿帽子がへこんでしまっている花嫁さんもいて(奥さんがダッシュで行ってなおしてあげていましたが)、裾引かないでたくし上げたままの撮影だけだったりして、あー私ものっすごい探した甲斐があったわーと思いました。

    ただ、繁忙期ということもあって、写真の納品は少し遅れるとのことで、以下は、旦那父上による写真です。旦那父上と母上が一緒に来てくださっていたのです。会社の人にデジタル一眼借りてたのを使って、撮ってもらいました。200枚くらい撮ってくれてた(笑)。

    撮影場所は、今宮神社と、京都御苑です。
    最初に今宮神社さんで、結婚奉告祭をしていただきました。挙式とは違って、神様に「結婚しました」って報告する儀式です。
    こういったお祓いのような儀式って初めてでしたので、ちょっと緊張しました。
    内心「うおおお玉串だ榊だ資料資料資料!」て思ってたけどね(笑)。

    白無垢、色打掛は、文金高島田にしてもらいました。ちなみに地毛です。
    鬢づけ油とか使わずに作ってます。


    白無垢は、赤ふきに綿帽子。
    ちょっと角隠しかぶしてもらえば良かったかな。
    あと、白無垢で、扇のブーケを持って撮ればよかったかなあ、と少し思ってます。白無垢に椿!やればよかったー。


    前に会社の人のお友達を交えてご飯を食べた時に、たまたま舞妓さんやったときの写真を見せたんですが、そのときに「絶対角隠し似合うよ」って言われて、ずーっと「私絶対角隠し似合う」と自負していたんですが(笑)、案の定、角隠しが我ながらハマってました。ふふふ。
    しかし色打掛めちゃくちゃ重い。肩の血が止まるかとおもた(おおげさ)。




    黒引き振袖は、大正風をイメージしました。
    本当は、黒引き+角隠しにしたかったんだけど、お着替えの都合上むずかしいってことなので「じゃあ、白無垢、色打掛はオーソドックスなフォーマルスタイルにして、黒引きはレトロアレンジしよう」と思い立ち、このような感じに。黒引きはそもそも大正時代の花嫁衣装ですしね。っつか、最近のサイトの作品傾向からもバレバレのように、明治大正の和洋折衷が大好きなんですわ!
    ヴィンテージの小さいネットベールを用意していたので、頭の上につけてもらおうかなと思っていたんだけど、後ろにつけてみたらかわいかったのでこのまま。
    撮影場所、「大正風にしよう」と決めた後で「あーだったら洋館にすれば良かったなー」と思ったんですが、神社は外せないし、やっぱ京都御苑も捨てがたいしってことで、変更はなし。



    髪型後ろです。
    「KIMONO姫」を参考にしてもらいました。
    朝いちの打ち合わせで雑誌見せた時に「これはつけ毛つかってると思うわー」って言われたので、あ、無理かな、と思って「まあこんな感じで三つ編みとか編み込みで、片側に寄せた感じにしてもらえれば」って言っていたんですが(そもそもガバレットもいいなあと思っていたし)、お着替えの時には、ごん太のしめ縄みたいな三つ編みのウィッグを用意していてくださって、後ろは地毛でぐるっと編み込んで、前からサイドにかけて、太い三つ編みのウィッグをつけて、いい感じにセットしてくださいました。


    この髪型セットしてもらったのを見て、着付けをしてくれた着付けの先生が、「まあーかわいいわあ、大正時代のお嫁さんみたいねえ」と言ってくださってめっさ嬉しくなって、「それを狙ったんですっ!」って力が入ってしまいました(笑)。
    実は引き振袖の時につけようと思って、レースのフィンガーレス手袋を用意していたんだけど、付け忘れちゃったのもちょっと心残り。手袋と言うよりは指のまたがない奴なので、レースカフスと言うべきかな。着物から浮かないように相当選んだので、ちょこっと無念である。まあ、しゃーない。つけてみたら変だったかもしれないし。今度浴衣の時にでもつけてみよう(笑)。
    あと、アナスイのパールのピアスもこれにかこつけて購入していたんだけど、頭に色々付けてうるさい感じになっちゃうのでやめました。


    御苑ではデジカメから一眼レフからカメラ構えた人がたくさんいたんですが、そのうちお一人に「写真撮らせてください」と言われ、OKしたらもうずーっと撮っておられて、おもしろかったです(笑)。
    あと、通りすがりの海外の方にも写真を頼まれて、「こんな状況の日本に来てくれてありがとう」と思いながら、もちろんOKしました。前に舞妓さんをやったとき、相方も着流し着て一緒に散歩したんですが、その時も海外の方に写真を頼まれて、一緒にうつろうとしたら「あなたはいい」みたいなこと言われたらしく(私は気付かなかった(笑))相方はそれを気にしてフレームアウトしようとしてましたが、一緒に撮ってもらいました。

    んで、御苑の電灯がレトロでかわいかったので、あれと一緒に撮りたいとか言ってみたりして(笑)。


    写真右下にカメラさんが映っていますが(笑)、撮れた写真をカメラのモニタでちょこっと見せてもらいましたが、あおりでちゃんと電灯と一緒に画面に納めてくれました。かなりいい感じにレトロだったので、出来上がりが楽しみな一枚です。
    砂利の上に寝転がって撮ってくれたのだけど、痛くなかったかな(;´Д`)


    京都のお天気事情と桜の開花情報を一週間くらい前からネットでめちゃくちゃチェックしていたんですが(笑)、天気に恵まれ、御苑の枝垂れ桜はほんとうに綺麗に咲いていて、言うことなしでした。
    思えば、今まで舞妓さんやった時も、鴨川の床でご飯を食べた時も、わざわざ福岡から浴衣担いで来て祇園の宵山に行った時も、ぱらついたり曇ったりはあったけど、雨には遭遇しなかったのでした。
    ここ数年の旅行で雨にあったのって、この間の神戸の時(マチコさんやいくこさんやわーるんや中原さんと会って、しかも胃腸炎になって、旅先で点滴受けて、スタバで「ほうじ茶ラテのラテ抜き」頼んで「あ、ほうじ茶ですね」って言われた時。もうグッダグだ)と、
    さばこさん一衣さんと一緒の鎌倉くらいかなー(笑。さばこさん一衣さんと三人で出掛けるとなーぜか天気崩れる)。

    アットホームな雰囲気で始終和やかに撮影していただき、要所要所で笑わせてもらい(笑)、とっても楽しかったです。
    通りすがりの方にたくさん祝福の声をかけていただき、花嫁補正でたくさん通りすがりの方におほめいただいたのですが……私致命的に写真うつり悪いからなー(TдT)
    いやはやしかし、フォトグラファーの腕を信じて(笑)。できあがりがほんと楽しみです!

    撮影終わりに、着付けの先生のおうちに戻ったんですが、おにぎりを用意していてくださって、これがまたおいしくて幸せでしたー(笑)。



    しかし、着物の重さと、翌日の観光強行軍でもー膝がやられて、しばらくしゃがめなくなったという落ちつきで(笑)。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    イベント参加予定

    11/5 北海道コミティア(委託)
    1/21 文学フリマ京都

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM