RECOMMEND

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『桜月亭』
「神無き国 言触れの日」「物思う春、眩惑の夏。」通販開始しました

イベントレポやお礼を書こうと思っているうちに、時間が経ってしまいました。
関西コミティア、CC福岡でたくさんの方とお会いできて、本当に楽しかったです。
ありがとうございました!
遠征を含めての連続でのイベント参加は疲れましたが、達成感のある心地よい疲れです。

今年は新しいことをやろう、と決めていて、
色々な要因が絡み合っての結果ではありますが、同人誌の制作に踏み切りました。
少し前から、今後数年の自分の動きとかを考えていて、
やるなら今しか無いな、と思ったことも理由の一つです。

まあ厳密に言うと、ものすごく久しぶりなだけで新しいことでは無いんですが、
当時とは何もかも入稿など勝手が違っていて、戸惑うことばかりでした。
しかし、本当に、
勇気を出してイラストをお願いしたことと言い、踏み出して良かったと思っています!
イベントに用意すべきものとかは把握できていたので、それは助かりました。
折りたたみのラックとか、台所や棚で第二の人生を迎えていた彼らを引っ張り出してきました。

関西コミティアは久々の同人イベント参加の上に、遠征ということで非常に緊張しましたが、
参加して本当に良かったです。
最初から最後までゴソゴソあわあわしていましたが……(;´・ω・)
売り子として夫に同行してもらっていたんですが、ふたりいてもあわあわしてたのに一人だったらどうなってたことか。
足を運んでくださった皆様本当にありがとうございました。
本を手に取っていただけるのは本当に嬉しかったです。

夫はこういうイベントとはまったく別の世界の人間なので、
最初はめんどくさいなあ、って感じだったのですが
コミティアでみなさんが生き生きと活動されてる様子にすっかり魅了されたようで、
もはやわたしよりも今後のイベント参加に乗り気です(笑)。

さて、アリスブックスさんで通販を開始しました。
神無き国 言触れの日 」 

こちらの装丁、ノベルスっぽい雰囲気にするか、
ハードカバーっぽい雰囲気にするか迷ってました。
新書サイズだからC★NOVELSっぽくしようかな〜とロゴをつくってみたりしていたんですが、
山月まりさんの、
和風で静かでいて華やかな雰囲気なイラストが映える感じにしたい!と思い、
最初予定していた本体とセットのカバーをやめて、特殊紙のカバーにしました。

その後こうしたいなと決めたイメージがあって、実は誰にも言っていなかったんですが、
ハードカバーの「狐笛のかなた」のような雰囲気にしたかったんです。
それが、描いてくださったイラストの雰囲気と言い、
だもさんが作ってくれたタイトルロゴと言い、
試行錯誤して選んだ紙もいい感じで、
わたしのイメージにぴったりハマッていて、本当に嬉しかったです。
素敵な装丁だと、それはほんとうに胸を張って言えます!

 

ちなみに、イベントでは見本誌だけ帯をつけていましたが、こんな感じです。

なかなか気に入ってます(*’ω’*)

背表紙はこんな感じ。なかなか分厚いです!
ロゴマークは山月まりさんが作ってくださった八咫烏です。かっこいい。

あとこれは、買ってからのお楽しみにしようかと思っていたんですが、みせびらかさずにおれなかった……。

カバー下は、いただいたラフをつかわせていただきました!
こっちのタイトルロゴはノベルス風にしてみましたよ。
この時点でかわいい。
もう本が届いたとき、にやっにやでした。


あとはノベルティでしおりがつきます(何故か画像が横向きになる…)
こちらは両面カラーで、おまけページへのご案内を記載しております。
紙キラキラでこちらも大変いい感じにしあがりました。



こんな感じで、試し読みを兼ねたフルカラーの登場人物紹介本もおつけしております。
いただいたキャララフを使わせていただきました。とてもかわいいです。

 

それから、
おまけみたいになってしまいましたが、
春と夏の物語を集めた短編集「物思う春、眩惑の夏。
こちらも通販を開始しております。
詳細は以前の記事の通り。

この見本誌の帯に書いた
「いつか世界が終わるとき、
最後の一人にはなりたくない。」
というのは、収録した短編からの文言なのですが、
これってわたしの書くもののテーマのひとつかもしれない、と今更ながらに思いました。

 

どうぞよろしくお願いします!

0
    | お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) |
    短編集「物思う春、眩惑の夏。」も作りました

    イベントに分厚いのだけ持って行くのもなあ、と気にかかっていたので、
    短編集も作りました。
    5/14 関西コミティアで、無事に、出るはずです。
    文庫サイズで124ページ。

    こちらはタイトルの通り、
    春と夏の物語を集めた短編集です。
    WEB再録になりますが、プライベッターに載せてすぐ消したものとか、
    別名義でこっそり掲載してもう消したものとかもありますので、
    是非ともお手にとってみてください。
    ちなみに、
    春は「春にだけ見る」「モノクローム」「春の心は」等6作、
    夏は「風鈴の町」「赤無垢の花嫁」等5作です。
    みんながやってるみたいに、文庫名つけたいなあと思って色々考えてたんですが、
    全然思いつかなくてがっくりしながら、 昔サークル参加してた頃のペーパーが確か「観桜茶園」だったので、「観桜文庫」としてみました。

    よろしくお願いします(*’ω’*)

    0
      | お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) |
      人外x人間アンソロジー「まれびと」参加します

      人外x人間アンソロジー「まれびと」参加します。

      人外x人間、人間x人外のアンソロジーです。

      ↓企画のツイッターを引用

      2017年5月6日 COMITIA121
      2017年5月7日 文学フリマ
      で頒布されるようです。
      (5月14日の関西コミティアもかな?)

      35名の執筆陣によるアンソロジーです。すごい!

      私はなんというか……
      人外x人間というか……
      普通の(ちょっと変わった)少年と、
      ひとりぼっちの少女の話を書きました。
      ちょっとエグみあるかな?て感じです。

      参加規定の下限の文字数をなんとか突破するぞうと思って書いていたんですが
      書いても書いても終わらず、気がついたら、9000字ほど書いてました。
      (普通の短編くらい)

      楽しかったです。

      よろしくお願いします!

       

      0
        | お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) |
        同人誌「神無き国 言触れの日」について

        5/14 関西コミティアにて
        神無き国 言触れの日」頒布予定です!
        スペースはJ-68「桜月亭」です。




        雪の中に閉ざされた国で
        少年と少女ががんばる和風ファンタジー小説です。
        以前、私の小説について、
        「少年と少女が手をつないで走っているイメージ」と言っていただいたことがあるんですが
        まさにそんな感じの話です。
        試し読みはこちら。
        装丁とか章扉とかは、昔の少女小説とか児童書っぽい感じをイメージしました。

        一応、お買い求めくださった方には、何らかの形で、
        初稿バージョンとかが読めるURLをご案内する予定です。
        一章部分を書いたのは、ずっとずっと何年も前のことで、
        そのときは少年の目線から始まっていました。
        試し読みを読んでいただくと分かるのですが、本編は少女が迎え入れる側で始まっています。
        初稿は帰ってくる側からだったので、結構ニュアンスが変わっていたりします。

        一章部分書き終えたあと、続きがうまくいかなくてずっとしまってあったのですが
        たくさんの方のご協力で最後まで書き上げられて
        素敵なイラストも描いていただけて、
        ほんとうに嬉しいです。
        最初に読んでくれたまなみさんに
        「何回も読み直してるよ」って言ってもらえなかったら
        死に物狂いでやってやろうって思えなかったかも知れないです。
        書いてる間も改稿に際しても、だもさんにはたくさん励ましてもらって、アドバイスもらいました。
        たくさんの方のご協力でこうして形に……うう、いや、
        物ができあがってこないと自分がとんでもないミスしてそうで怖いのですが……
        手に取っていただけるよう、残作業がんばります。

        イラストは山月まり様に描いていただきました。
        イラスト依頼をしたりするのはじめてで、とても緊張しましたが
        描いていただくならこの方しかない!と
        思い切って突撃しました。
        ほんとにほんとにイメージ以上の素敵なイラストで、
        ラフをいただいたときは舞い上がりましたよ。



        本番のイラストはさらに息をのむ美しさで
        本当にお願いして良かったー!!ありがてえー!!!
        と伏し拝む感じです。

        専用サイトは、いつもお世話になっているだも様に作ってもらいました。
        もう動きが!すごくて!スクロールくるくるしてしまいます。
        サイトはって言うてますが、ロゴも作ってもらっていますからね……。
        ほんとに……だもさんすごいよ……。
        このまま連載始めたいくらい試し読みのページも素敵です。
        (ちなみにWEB公開は、するかしないかも未定です)


        後日アリスブックスかboothで通販をする予定です。
        どうぞよろしくお願いします。

        久しぶりにPVも作りました。
        よろしくお願いします!



         


        0
          | お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) |
          300字SSポストカードラリーに参加します

          4/1開催の第5回Text-Revolutions 300字SSポストカードラリーに参加します。

           

          2作品参加させていただく予定です。
          どうぞよろしくお願いします。

          企画に委託させていただいていますので、
          当日は企画ブース(300字企画、スペース番号:F-1)を探してみてください。
          (画像は一部ぼかしています)
           

          ■発行予定同人誌の番外編

          もう春を告げない

          (上記リンクはWEBカタログ)
          裏面イラストは山月まり様に描いていただいたラフを
          使わせてもらいました。

          下巻用のラフです。

          もう一作はこちら。

          今回の完全オリジナル。

          その足の下には

          (上記リンクはWEBカタログ)

          青春ものぽい話です。

          ちょーっと字が読みにくいか……?

          っていうのが気にかかるところですが…

           

           

           

           

           

           

           


          こちら(tumblr)でも詳しく記載しています。

          0
            | お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) |
            折本フェアmini参加します

            春木のんさんが主催される
            折本の展示会『折本フェアmini』に参加します。

             

            開催:7月23日(土)
            場所:さっぽろテレビ塔2階
            第一回文学フリマ札幌で、展示されるそうです。

            今回、また折本をおいていただきます。

            こちらにおいていただく折本 「雨乞うる鯉」 をネットプリントで配信しています。
            セブンイレブンで印刷してただけます。

            2016/7/22〜29まで
            予約番号:【 51757096 】

            茹だる夏の夜。雨がふらず水位の下がった池では、鯉が這いずるように泳いでいる。
            以前WEB幽読者投稿怪談に掲載していただいたショートショートです。

            前回の「雨夜の月」も再配信しています。
            予約番号:【97316280】

            「雨かぶりだな?」とタイトルを見て思ったんですが、
            以前の折り本フェアの際に書いたように、「雨乞うる鯉」も「雨夜の月」も、WEB投稿怪談に寄稿したものです
            (「雨夜の月」は不採用でした)。

            読者投稿怪談は毎月テーマが設定されるんですが、
            この月のテーマが「雨」だったんですね。

            個人的にショートショートとしてきれいに形になっているのは「雨夜の月」のほうだし、
            物語性というか、たぶん受けがいいのも「雨夜の月」だと思います。
            「雨乞うる鯉」は……
            なんというか、シチュエーションのみというか、
            なんなんだろう?って自分でも思う感じの話で、
            むしろそれが怪談投稿としてはよかったのかな?と思います
            (怪談と考えると「雨夜の月」はなんというか、こぎれいすぎるのかな)

            今回文章をちょこちょこ調整していて、
            最後のほうがあまりにもあっさりしていたので書き足したりしたのですが
            蛇足になってないかはちょっと心配。

            その鯉の状況が鮮やかに皆さんの脳裏に浮かぶと嬉しい。

            win10で、折り本ソフトotteeがうまく起動しなくて、
            旧PCで作っていたのですが、なんどか画面がレインボーになったりしながら作ったので、
            文章が重複したり飛んだりしてないかちょっと心配なんですが
            (見直すの怖いなあ)楽しんでいただけると嬉しいです。

            0
              | お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) |
              カクヨムWeb小説コンテスト参加中
              サイトのトップには書いていたけど、こちらには書いていなかったので。
              いまさらですが!

              少女魔道士、セーラー服とマントで夜を行く
              「禍言の葉」カクヨム
              「禍言の葉」改稿しながら掲載中。
              ガリガリ直しながら、サイト掲載のものをカクヨムに転載しています。
              場面へのアプローチや文章を変更はしていますが
              内容は変えません。
              ただまあ、読みやすくなっているはずです。
              1話目だけで、1000字ほど減りましたから……。

              既読の方、どれだけ変わったか見てみるのもいいかも。
              未読の方、この機にどうぞ!

              レビュー等いただけますと嬉しいです!

              追記:カクヨムの更新はサイトに記載しませんので、
              よろしかったらあちらをチェックしてください。

              「神坐す〜」は……ええっと、
              またひと段落したら続きを書けたらと思います……。
              0
                | お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) |
                おっさん×少女企画『掌を繋いで』参加します
                飛瀬貴遥さん@ゼロタビト 主催のアンソロジーに参加させていただきます。

                おっさん×少女企画『掌を繋いで』
                「おっさん×少女」をテーマにしたアンソロジーです。迷いましたが、作楽シン名義です。
                無事、自作の内容の確認が完了して、参加者リストに名前が乗りましたので
                お知らせです。
                34名の方のおっさん×少女のSSが掲載されるようです!

                個人的にスケジュールがぎゅうぎゅうではあったんですが、SSならばなんとかなるかもしれない!
                ぜひとも参加したい!と思い、参加させていただきました。
                提出後に内容確認PDFいただいた後で「うわあああなんじゃあこりゃあああ」と頭を抱えながら、
                訂正で真っ赤なPDFとテキストファイルを送りつけたり、
                タイトル変えさせてもらったり、と
                主催者様には非常にご迷惑をおかけする羽目になりましたが……。
                本当にお手数おかけして申し訳ないです。

                「終わりの夏〜」で書けなかった元マフィアと銃乱射少女とか、
                へたれおっさんを守る少女の現代ものっぽいアクションものとか、
                何書こうかな〜と色々考えた結果、
                「こいねがう 夜半 よわ 」という、わりと大人しめの和物になりました。
                SSや短編でも、小説のワンシーンではなくて
                起承転結(もしくは序破急)はっきりとしたものを書こうと心がけているつもりなんですが、
                今回は割と雰囲気ものかなあ、と思います。

                3月21日の、第3回Text-Revolutionsで発行予定だそうですので
                (「ゼロタビト」さん、スペースNo:B-12)
                どうぞよろしくお願いします。
                0
                  | お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) |
                  折本フェアさん参加について
                  第三回折本フェアよいこのとしょしつさんに参加させていただきます。
                  折本をたくさん展示されるそうです。

                  日時 11月7日(土) 12時〜17時 
                  場所 福岡平尾貸空間Sizuku
                  (福岡市中央区大宮2-5-14)

                  こちらにおいていただく折本「雨夜の月」をネットプリントで配信しています。
                  セブンイレブンで印刷してただけます。
                  11/6〜11/13まで。
                  予約番号【92701957
                  よろしくお願いします。
                  詳細はこちらにも掲載しています。



                  「雨夜の月」とは「そこにあるのに見えないもの」のこと。
                  下記は折本フェアの主催の七歩さんが紹介してくださった内容です。 名義はどうするか迷ったんですが、とりあえず筆名で……。


                  これは、もう何年前に書いたか言うのもはばかられるくらい前に書いたショートショートです。
                  文章を大変こじらせまくってた時期、ポッキリくることがあって、1,2年ぐにゃんぐにゃんになっていました。
                  その頃、幽という怪談雑誌のWEBサイトで読者投稿怪談が募集されていまして、
                  毎月発表されるテーマにあわせて、1200字の怪談ショートショートを投稿するという企画でした。
                  WEBから応募すると、採用される場合は2,3日中に編集さんからメールでご連絡いただけるシステムになっていました。
                  ぐにゃんぐにゃんから抜け出すために、一時期、毎月1作は採用されることを目標に投稿をしていました。
                  テーマごとにネタを練る練習になりましたし、
                  怪談な上にショートショートなので、書きこみすぎず、より読みやすく書く訓練になりました。
                  何より結果が分かるのが早くて、小さくても自分の中で成果を積み上げていくのにとても助けになりました。
                  本当にありがたかったです。

                  ちなみに、「雨夜の月」は不採用になった作品ではあるのですが、
                  わたしとしては気にいってる一作です。
                  ほんとうにこの頃いろいろこじらせていて
                  WEBで使っている名前についてくるしがらみみたいなのにも疲れてて、別の名前でほそぼそと活動して、
                  不採用になった作品はその名前でWEB投稿サイトに掲載したりしていました。
                  そんなわけで完全な初出しはないのですが、
                  読んでひとことご感想などいただけるととても嬉しいです。

                  今はもう読者投稿怪談は募集終了、多分掲載作品もサイトから消えてしまっているのですが、
                  またちょこちょこ、何らかの形で見ていただけるようにしていけたらと思います。
                  0
                    | お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) |
                    コバルト7月号に短編掲載されています
                    昨年、コバルト短編小説新人賞で入選を頂いた作品が、光栄なことに2014年の年間最優秀賞をいただきまして
                    6月1日発売の雑誌コバルト7月号に記念作の短編を掲載していただいています(あ、いつもと違う名前で出ています)。

                    「終わりの夏にさす光 ポストアポカリプス・チルドレン」作楽シン
                    人の血を啜る"異端者"と、その"傾倒者たち"によって、世界は滅びた…。終末の世界を二人きりで生き抜く青年と少女のその運命とは!? (公式サイトから引用)

                    入選作になった短編や、投稿してきた作品が割と和風が多かったので、
                    全然違うの書きたいな〜と思い、 それなら洋風だよな〜。西洋って言えばゾンビだよな!
                    と思い立ち、ゾンビ……を書くのはさすがにどうかと思い、あんな感じになりました。
                    イラストは弌花瞠さんが描いてくださいました。素敵なイラストで本当にうれしいです。ラフでいただいたヒロインがかわいすぎてふおおおーっとテンションあがりました!

                    短編なのに気合いを入れて設定を盛り込みすぎたもので、まとめるのにえらく苦労をしましたが、
                    もっとガンアクション書きたかったな〜とか色々あるので
                    今回削ぎ落した物を集めてまた何かゾンビっぽいものを……いやゾンビじゃなくて
                    SFファンタジーっぽいものを書きたいなと思ったりしています。
                    (べつにそんなにゾンビがすきなわけではありませんが!)


                    見直しすぎて自分では訳が分からなくなったりもしていますが、
                    かなり愛着もあるキャラと物語になりました。
                    ご感想いただけたら嬉しいです。

                    ※追記
                    肝心なこと書き忘れてました。巻末の方にあるパーソナルデータの著者イラストはだもさん@滞空サーキットが描いてくださいました! ぜひ見てみてください。
                    0
                      | お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) |
                      / 1/3PAGES / >>