日記を移転しました

  • 2018.01.14 Sunday
  • 01:13

うーんやっぱり移転するならこのタイミングしかないなあと思い、

移転することにしました。

 

jugemは本当に長く使ったので未練はあるのですが

お知らせを固定表示できないとかちょっと不便だなあと言うところが積もってしまい……。

 

移転先はこちらです

ブログにブクマされてる方は変更をお願いします。

2017年ありがとうございました

  • 2017.12.31 Sunday
  • 11:10

まだまだやり残しがいっぱいあるのですが、

そんなこと言っていると2017年が締められないので、

まずは今年のまとめをしにやってきました。

今まで何度か書いた内容もあるし長いですが、とりあえず改めて。

 

2017年、本当にありがとうございました。怒濤の一年でした。

 

年明けは例によって例のごとく、某賞への投稿を行いまして、

私今だから言いますけど、今回これで受賞する気満々だったんですよ(笑)。

それくらいの気合いを持って応募していました。

どのくらい受賞する気満々だったかっていうと、「お前は中学生か!」と内心ツッコミながら、

サインの考案をして練習をしていたくらいです(笑)。

(いやー作家さんって名前書くだけと思ってたら、結構デザインしてる方もいらしたんで……)

(私の名前「シン」がすごい座りが悪いんですよ……)

応募した3作とも無事に2次選考を通過して

「よし、このまま1作だけでもいってくれ!」と思っていたら

次の3次選考で全部なぎ倒されるという出来事に、ショックうけすぎて、

一時期ほんとにへこんでました。

しかも年々、結果が悪くなってるんです……。

これが6月のこと。

ただし、ここで止まっている場合じゃない、結果待ちが減ったからには、

とにかくどんどんどんどん応募しないことには、結果などやってこないのだし、不安でしょうがない。

当然待ってる間にもどんどん他の作品を書いてはいましたしね。

何かやってないと不安なんですよね。

 

 

んで、それとは別に、何度か書きましたが、今年は何か新しいことをやろうと決めていました。

昨年まで2年ほど、表に出さずに書いていることが多くて、

何か少しでも外に向けて動きたい気持ちが強かったのもあります。

で、これはどうしても紙の形で見てもらいたいなと思っていた

「神無き国 言触れの日」を同人誌にしようと、同人活動を再開しました。

なので厳密には新しいことではないのですが、

再開とは言え、私が同人活動してたのって本当に大昔のことで、

色々と勝手が違って、ほとんどはじめてみたいなものです。

イラストをお願いして描いてもらったのも、データ入稿もはじめてで、

何から何まで自分で決められる、決めないといけないのが同人誌の楽しみだと思うのですが

逆にやれることが多すぎて、優柔不断な私は非常に迷いに迷いに迷いまくりました。

あわあわしながら、だもさんにたくさんアドバイスもらいつつ、

なんとか形にできて、手元に届いたときには本当に感動でした。
 

イベント参加も久しぶりすぎて、ものすごくあわあわしましたが、

夫に売り子を手伝ってもらえたり、わざわざ会いに来て下さった方がたくさんいて、

すごく嬉しく楽しかったです。

遠征までして、1冊も手に取ってもらえなかったらどうしよう、とエグエグだもさんに弱音を吐いていましたが、

蓋を開けてみるとたくさん手に取ってもらえて、こちらも本当に嬉しかったです。

(素晴らしいイラストのおかげが大きいです!)

思い切ってやって良かったなあと思いました

(今まで同人活動に腰が重かったのは、全然手に取ってもらえなかったりして、

在庫を抱えるのが嫌だったのがあります……)

 

 

2月〜5月まで同人活動に打込んでいたのもあって、あまり投稿ができずにいて、

応募したかった賞を逃したりしてました。

(とはいえ実は結構色々出してて、1次も通過せずになぎ倒されてます)

「同人で投稿を圧迫しないって決めてたのに! お前は! 本末転倒か!」

と内心七転八倒していた5月、

ノベルゼロの「成人男性求む! 異世界転生禁止!」のコンテスト募集の発表があり、

ちょうど準備しかかっていた作品がまさに

「三十代男性主人公、タバコネタでライトな作風って、応募先どうしよう……」

となっていたところだったので「これしかない!」と応募を決めました。

(時系列的に言うと、ノベルゼロ募集告知、応募決める→ノベルゼロコンテスト開始→某賞で全部落ち)

もう結果待ちないからこれしかないぞ、とかなり必死だった記憶があります。

 

出来上がってる部分があるからそこは予約投稿して、

文字数足りない部分や追加エピソードに集中して、連載しながら……

と思っていたんですが、見てるとどんどん直したい部分が出てきて、

結果的に前部分を直したり、次を書いたり、直したり、書いたり、かなり大変でした。

出来上がる前に咽頭炎になって、一週間近く熱と戦いながらなんとか締切り直前に10万字完結させました。

(ちなみに元々「煙草」だったのを、文字数が不安だったので「タバコ」にするという姑息な技を使いましたが、そこまでしなくても文字数大丈夫だった……)

 

そもそも公募をやっていて一人で書くのは当然だし

WEBコンテストだって

「絶対に完結させる、絶対に文字数間に合わせる」という気持ちでやっているので、

途中の応援があってもなくても書くんですけれど、

やっぱり公開するからには、更新のたびに見て下さる方、

楽しんで下さる声って言うのは本当に嬉しくて。

モチベーションに大きく影響するものです。

くじけずにやれたのはそういう方がいらしたからだなと思っています。

読者選考のあるコンテストだとまあ当然、結果に絡むから気になっちゃいますしね……。

(なので今のコンテストもよろしくです( •̀ᴗ•́ )و)

 

 

そのあとも色々書いたりしていたんですが、

9月、NOVEL 0「大人が読みたいエンタメ小説コンテスト」で

「あなたの健康を損なうおそれがあります」が受賞の運びとなりまして、

本当に嬉しいやらびっくりするやらでした。

実は、設定の斬新さやら(あほくささやら)楽しさについては結構自信があった本作なんですが、

「タバコネタって世相的にシビアかな〜」と思ったりもしていたのです。

それもあるので、拾って下さったノベルゼロさんには、本当に感謝でいっぱいです。

 

「大賞だから書籍化確実だぜ〜やっふ〜。受賞作とかってだいたい半年後くらいにでるよな〜春かな〜」とのんきに思っていたら、

最初の打ち合わせで「発行予定は1月です」と言われて「早いですね!」とびっくりしました。

そこから、プロットプロットプロット、て感じでした。

年期のいったワナビである私ですが、プロットほんと苦手で

(これが年期のいったワナビになった所以とも言えるかも…)

書いてみないとわかんないもんな〜て感じでやってきたところがありまして……。

書きたいところから書いて、それで流れポイントを決めて、作っていくというか。

それだと複雑な話は自分でも全体が見えなくなるので、

ここ数年でやっと「ノートにぐりぐり手書きするプロット」をやりはじめたところでして。

しかも自分用のプロットならともかく、人に見せる用ってどうしたらいいかよく分からなくて。

(私のやり方の効率の悪さの原因なのですが、

そうやって大まかな流れ決めちゃう→書いちゃう→書きながら次の細かい展開を箇条書きで決めながら書いちゃう→貫通したら頭から書き直し→書き直し→書き直し。

なので初稿が下書きプロットみたいな)

とにかく今回は書籍化確実だし、

せっかくだからプロットとかの練習もさせてもらおうと思い切って、見本とかも送ってもらってやってました。

まあ最終的には箇条書きに毛が生えたみたいな感じになってもーたんですが。

 

 

で、10月、どうしようかな〜と悩んでいた文フリ京都への参加を思いたち、

それならなにか本を出したいよな、前から好きな書き手さんにお願いしてアンソロジー作ってみたいと思っていたんだよな……

とまた思いたち、アンソロジーを企画しました。

どうしても手が空くとソワソワしちゃって、レスポンス待ちの間にやっている作業がほしかったていうのもあるんですが。

思い立ったら吉日な人間の突然の誘いに乗って下さった皆様、本当にありがとうございます。

書籍化作業、アンソロ制作が佳境に入った11月12月、仕事もヤバかった12月、

飛ぶように時間が経って

何が何だかよく分からないような状態でしたが、なんとか駆け抜けました。
 

 

そのおかげもあって、なんとか来年1月、無事に本が発行されるはずです!

本当に、支えて下さり、応援して下さった皆様のおかげです。

発行自体は来年ですが、見本誌を年内にいただけまして、

一年の締めくくりとなりました。

 

あれこれほんとにヤバかったですが、終わってしまうとすごく寂しいですね。

アンソロWEB作業などだもさんに

「あとはこっちでやるからゆっくり寝てね」と引き受けていただけたのですが、

ごそごそ別の作業して「やっちゃった〜」とか言うてたら

「まあ、ゆっくりするわけないとは思ってた」とか言われる私です。

 

 

年齢のことなどを考えて、同人活動に動くなら本当に今しかないなと思ったこと、

私の仕事がこの数年でどうなるか分からないこともあって、

「○年の○月までに何らかの結果が出るよう」に、

書く作品、応募する賞を考えてやっていこうと改めて考えたことが

今回の結果にもつながったんじゃないかと思っています。

 

今までだってダラダラやっていた訳ではないですし、

おそらく創作をやめる時期があったとしても、ふらっと戻ってきたり、

別の何かの創作をやっていたりしているのだろうなとずっと思っているし、実際そうなんですが、

(物語にふれているのが好きなので)

その「いつまでだってやっていられる」「いついつと区切る必要はない」という気持ちは、

何かを目指すにはメリハリが足りなかったのかな?

という気も少ししました。

そうやって楽しんだり、ずっとやっていられるのって、すごく幸せなことだし、大事なことだと思うんですが、

時期を決め、段階を決め、目標を決める、というのは、ステップアップには必要な事の気がします。

 

とはいえ年齢というのは黙っていても過ぎていくもので、

「この年までにはこれをしていたかった」「こうなっていたかった」という気持ちはよく味わうので、

そういうのがかなわなかったつらさって本当に大きいんですが。

ここで今度は「いつまでもやっているぞ」という気持ちって強みになって、

「目標の日までに結果は出なかったけれど、でもこれだけできた。今度はこの日までに、もっとこうなっていよう」

ていうステップにもなると思います。

とりあえず、そのつもりで設定した目標でした。

 

何はともあれ、年の明けにせっせとやっていた「サインの考案、練習」無駄にならずにすみそうかな(笑)。

フラグをたて、挫折、喜び、また試練、という、ストーリーラインのよくできた一年でしたね……。

星占いの話になるんですが、

「射手座土星入り」の2年半の七転八倒、それから抜ける12月末、

ほんとにタイミング良く「おつかれさまでした!」の時期が来たのは、おもしろかったです。

 

 

また来年、これからどうなるのかまったく未知の領域なのですが、

さらに邁進していきたいと思いますので、

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

文フリ福岡、テキレボ6、ありがとうございました

  • 2017.11.08 Wednesday
  • 22:57

書こう書こうと思っている間に、すっかり遅くなってしまいました。

10/8の第三回文学フリマ福岡、ありがとうございました!

1回目、2回目は一般で覗いたことがあるのですが、今回初めてのサークル参加でした。

 

前回までと会場が違って、天神のど真ん中、とてもきれいで明るい場所で、

おー文化祭みたいだ〜と準備段階からワクワクでしたが、

実際に開場してからも人の流れが途切れなくて、盛況だったように思います。

今回も夫に売り子手伝ってもらったんですが、

開場の都合で追加椅子できなかったのが、けっこうしんどかったかな〜。

(対応するときは立ってお話しするんで椅子があってもなくてもという感じはするんですが、全然ないのとはやっぱ違いますね)

 

5年ぶりとか10年ぶりの方ともお会いできて、本当にうれしかったです。

いやはやびっくりしました!

新しい出会いもあって、イベント参加ってほんとに楽しいな〜と改めて思いました。

外に出て行けば、なにがしかおもしろいことがあるものですね。

 

それから、頒布物もたくさん手に取っていただけて、びっくりしました。

特に当方の「神無き国 言触れの日」はだいぶ価格が高めなので、頒布を始める前は

「手に取ってもらえないかも」とビクビクしていましたが、

頒布前に思っていたよりもたくさんの方とご縁があって、本当にうれしいです。

 

とはいえ「買ってもらったからには後悔させないぞ!」という気持ちだけはずっとあります。

山月まりさんがキャラクターたちに息を吹き込んでくださって、

こだわって作った装丁も、読みやすいように検討をした字組も、

もちろん内容も、楽しんでいただけるものになるという自信だけはありますよ!

(not for meの場合は申し訳ないですが…)

 

それから、先日10/28のText-Revolutions6にも委託で本を預かっていただきました。

こちらもたくさんの方とご縁があって、うれしいです。

思った以上に旅立っていって、びっくりしました。

本当にありがとうございました。

 

北海道コミティアにも「北海道はいけないからな〜」と思ってお預けしていたのですが、

こちらは残念ながらあまり動かず……。

事前の宣伝もほとんどできなかったしな〜と反省しております。

しかし北海道遠いな〜! 送料が思った以上で、いや遠いな北海道! って思いました。

北海道コミティアさんは委託の参加がすごくお手軽価格なので、

今後レターパックの範囲ならまた参加するのもありかなあ、とは思っています。

北海道なかなかいけないからな〜!

 

北海道コミティアと同じ日に福岡でCollageEventAdeもやっていて、近場なのにはじめて覗いてきました。

ハンドクラフトと同人のイベントということでしたが、

なんというか、天気が良かったのもあったのか(窓ガラスが大きくて明るいビルでした)、

すごく明るい雰囲気で和気藹々とされている感じでほんわかしました。

一般参加ひさしぶりだったのもありますが、いや〜ゆっくり見て回るのたのしいな。

企画されていたメイドカフェも通りかかってちらっとみただけでもすごく盛況で、

今度はサークルで参加するのもいいな〜と思っています。

 

今年のイベント参加はこれでおしまいだと思われます。

サイトのトップからリンクをはっていますが、年明けにアンソロジーを制作予定です!

また改めてお知らせしたいと思います。

「あなたの健康を損なうおそれがあります」5章に入っています

  • 2017.07.12 Wednesday
  • 21:10

 

あなたの健康を損なうおそれがあります
第五章 メン・イン・ブラック
入ってます。
今回で最終章です。
ちょっとシリアス目展開の中にいつもの感じで
バタバタやっています。

コンテストも大詰めですので何卒よろしくお願いします(*’ω’*)

メルフォからご連絡いただいたウイルスの件について

  • 2017.03.23 Thursday
  • 23:07

本日サイトのメールフォームから

「サイトのトップページがウイルスにかかっているようで、ウイルスソフトから警告されます」 とご連絡いただだきました。
お知らせいただきありがとうございます。

 

一応自分のPCからブラウザを変えて何回か試してみたんですが、
ウイルスは検知されず、
PCのフルスキャンをおこなってみましたが、
感染の気配はありませんでした。

サイトのソースを見てみましたが、書き換えられた気配もないみたいです。
書いてくださっていた「HTML-inf」についてぐぐってみましたが
芳しい情報が得られず……
もしかしたらお使いのウイルスソフトの誤検知かもしれません。

 

あとは、サービス終了したGoogle Feed APIのJavascriptをほったらかしにしていたせいかも……
いい機会でしたので、別のサービスに変えてみました。
(ブログの更新をトップに表示させるだけなのですが)

これでウイルスソフトの警告がなくなるといいのですが……

 

このたびはご連絡ありがとうございました。
また何かお気づきのことがありましたら
是非おしえてください!

2016年のことと2017年

  • 2017.03.06 Monday
  • 00:00

え、この人今更何言ってるん、って思ってますよね。私も思ってますよ。

 人のブログを読むの大好きなのに(読み物として分量ちょうどいいですしね〜)

 自分は7月からすっかり止まっていました。 またおいおい、旅行の記事など書いていこうかと思います。

 それはさておき、とりあえずこれを書かないと2017年はじまらない気がするので、 昨年まとめと今年のこと。


 ・念願の桜の吉野にいけた。奈良楽しかった〜。食べ物美味しいし、すごくいいところです〜。鹿さんに癒された。

 ・ツイッターとかでよくまわってきてた河内藤園にいきました!雨だったのが残念だけど、藤は雨もきれい。

・もうひとつツイッターでよくまわってきた阿蘇の上色見熊野座神社に行きました。苔むす感じの雰囲気がすごかった。

・夏の宇佐神宮に行きました。めちゃくちゃ暑かった。 

・金比羅宮と道後温泉に行きました。どちらも念願!道後温泉は耐震改修前で、もうすぐ入れなくなるので、行けてよかった〜。 こんな感じです。

 ずっと行きたかったところ2か所もいけて、とてもうれしい。

 あとは、 

・足の甲を骨折した

 ・肺に穴が開いた。 

・油をかぶって火傷した。 

どれも、大事には至らなかったですが、怪我の多い年でしたね〜。

色々と検診とかもきっちりいきました。


で、色々ストップしたきっかけはたぶん肺に穴が開いたせいなんですけど、

これ実は医療過誤でして。

何かと言うと、いつも首肩背中に痛みをかかえており、痛みがひどいときは痛み止め注射を得ってもらうんですが、

その背中にうった注射が肺を傷つけてしまったのですね。

注射の傷だし多分すぐきれいに塞がったのだろうと思いますが、大事にはならずにすみましたし、病院側のアフターケアもきちんとしていただけて良かったです。

針治療とかでもあることらしいですから……。

なんか変だなと思ったらすぐ病院です。

(痛み止め打ったのに帰宅中に痛みが尋常じゃなく悪化して、だんだん一歩進むごとに休憩しないと進めないレベルになって、

家に帰ってから「これなんか変だな問い合わせログ残しとこ……」な感じで病院に電話、

緊急性は無さそうだから明日も痛かったら来てと言われ、翌日担当の先生は診察の日じゃなかったので、別の先生たったのですが

「いや〜〜肺にまで注射の針が届くとなると、すごい長い針じゃないとね〜筋肉用のじゃなかなかね〜」

と言われながらレントゲン撮ったら、レントゲン技師さんの顔色サッと変わり……みたいな感じでしたね(笑)。

めったにないことみたいですが、角度とかなんか色々重なったんでしょう)


そんなこんな2016年でしたが、

2017年は新しいことに手を出しつつ、

2018年につながっていくよう、期限を自分できっちり意識しつつ色々やっていきたいと思います。

とりあえずまずは、久々に同人誌作成を企画中です!!

サイト15周年ありがとうございます

  • 2016.07.20 Wednesday
  • 23:59

いつもサイト開設記念にはなんにもできないのですが15周年の節目くらいは
何かしたいなと思って、なんとかちょこっと掲載しました。


「こいねがう夜半(よわ)カクヨム 小説家になろう

しがらみから逃げ出して5年。兄が死んだとの報せが入る。

たったひとり残された姪は、ただじっと彼の帰りを待っていた。

 

おっさん×少女アンソロジー「掌を繋いで」に寄稿した作品なので
載せるとしても1年後くらいかな〜と思っていたんですが、
いいタイミングだし!と掲載させてもらいました。
(公式さんからは解禁されています)

そのくせサイト内の更新じゃなくて、
小説家になろうとカクヨムに掲載しました。
HTML書く余裕なくて……。

 

今まで小説家になろうやカクヨムは、自サイトにあるものも置いておく感じだったので特に記載していなかったのですが、
そういえば先日あちらに掲載した、「覆面作家企画7」参加作品の「花は地に落ちて」もサイトには載せずに、外部サイトにだけ掲載した感じになっちゃったので
更新履歴に載せることにしました。
(動いてない感じが後ろめたいとかそんな、そういうことは、ええ……)

 

それから、案内のページに、以前雑誌のパーソナルページに掲載してもらった
作者似顔絵イラストを載せました。
だもさんに描いてもらったイラストです。
色は私がぬりぬりさせもらいました。
これの色塗り作業をしていたら家人が

「ほんっとその似顔絵、絶妙よな〜〜」としみじみ言うくらい
よく似てます(*‘ω‘ *)

 

そんな、なんだかドタバタな感じになってしまいましたが、
15周年ありがとうございます。
存在してるだけのサイトですが、またお知らせとか、更新とかしていけたらいいなと思っております。
今後ともよろしくお願いします。

 

あ、上記掲載短編も「読んだよ」等おしえていただけると嬉しいです!

2016年あけました

  • 2016.02.10 Wednesday
  • 01:45
ろくにご挨拶もしないまま2月です。

仕事やらなにやらすごくばたばたしていたので、1月がふっとんでしまい、
2月の月初の処理が終わって、やっと私の2016年があけた感じです。
未だに書類の作成日付を1月と書いてしまう。
(ってなんか矛盾してんな?)
年末からなんかごちゃごちゃしていたおかげで書く気満々で買った年賀状の袋を開ける間もなく
寒中見舞いの時期も終わってしまいました……。
せっかく昨年猿が神使の仁比山神社に行ったからつかえると思ったのに……。
余寒見舞いか、できれば暑中見舞いは出せたらいいなあとか……思ってます……。
気づいたら庚申祭も終わっていました。
猿年だから縁起ものだし今年こそはと思っていたのに、残念無念です。
初庚申は混むので、年末に古い猿面を返しに行って新しいのを購入する人もいるようなので
その線で狙えば行きそびれないのかなって思うんですが、年末は年末でどうなの…?
無理なんじゃないの……?という感じがひしひし(もう年末の話ししてる)。

っと、なんだか分からないけど愚痴っぽくなってきたぞ。

昨年、一体何をやっていたんだろうって、前回の記事でも書いているんですが、
良く考えたら一昨年終わりごろから昨年の前半まで結構ぎゅうぎゅうでもう
髪振り乱してひいこら言って生活してた感じで、
「こりゃいかん、活動ベースをしっかり作ろう」と思って
地道に取り組んでいた後半でした。
一旦体調崩すと長いもんで、それを引きずったり、書きたいもののプロットがうまくいかずにゴロゴロしたりしながら、
なんとか波に乗って来た感じはします。
するんですが、まあしかし色々てこずったものもあったせいで、
毎年恒例で主催してるクリスマス会とかできなかったし忘年会とか参加できなかったけど……。
「なにはともあれ睡眠は確保」「作業に行き詰ったらとにかく一旦席をはずす」
(お茶を入れる、コンビニにコーヒー買いに行く、シャワー浴びる、寝る等々)ということを念頭に、
ゴリゴリ何ががしかやってました。
睡眠さえとれば頭がクリアになるって信じてる……。
しかしその分インプット減ったかなあ……。

体調と活動のバランスって難しいです。

一息ついたので、そろそろまた動かなきゃ。

(しかし読み返してみると、あれこれ出来なかったことばっかりで、
全然ペース作れてなくないか私。もちょいがんばれ)

2015年ありがとうございました

  • 2015.12.31 Thursday
  • 23:22
 昨年も年末感全然なかったけど、今年はそれに輪をかけて年末感がありません。
なんだろう、カレンダーのせいかな………

12月入っても、まだ10月かな、くらいのかんじだったし。
今年は何をやってたのかなあとおもうとなんかよく分からないけど、とにかくなにかじたばたしてた一年でした。

創作としては、昨年の短編新人賞が年間優秀賞をいただいて、
雑誌に書き下ろしを載せていただいたことが、ほんとうにありがたく
いい経験になりました。
あとは折本フェアに参加させていただいて、いいねシールをたくさんはってもらえたり、
一般ですが文フリにお邪魔したり、たくさん活気をもらいました。
今年も覆面開催中で、なんとか参加できたので、いろいろ落ち着いたら拝読したいです。
今年も京都いったし、鹿児島はつで九州新幹線のったり(快適でした〜)
なんかぎゅうぎゅうなんだか、成果のこってないんだか、よくわからない一年でした……(一年の前半のこととか、去年のことみたいに感じるんよ……)
あーでもずっと懸念事項だったの移転ができたのはうれしいです。

年末感がないのは、継続中の色々が落ち着いてないのもあるとおもいますが、
とにかく、
来年もこのままというか、ますます突っ走っていきたいと思います。

今年もありがとうございました。
来年もどうぞよろしくおねがいします。

折本配信終了しました

  • 2015.11.23 Monday
  • 01:37
毎度行動がおそくてすみません。
11月16日に、折本のネットプリント配信終了しました!
思いがけずたくさんの方に印刷していただけたみたいで、ご感想もいただけて、すごくうれしいです。
 セブンイレブン配信だけだと、セブンイレブンがない地域もあるので手に取りにくいと言う御意見もあるようで それは私も気になったのですが、
他のコンビニのネットプリントのシステムだと私としては少し利用しにくいなあというところがありまして……すみません。
(セブンのように、配信別に番号をとることができず、アカウントごとの番号になるので、中に入れているものが丸見えって言うのが)
 システムが変わってくれればいいんだけどなあ。

 折本フェアも、私は足を運ぶことが出来なかったのですが、
 主催者さんが用意されてた「いいね」シールをたくさん貼っていただけたみたいで
とても嬉しいです(●´ω`●)

 ここのところ思うように作業が進まなくてぐずぐずしていたのですが、
 ぐずぐずのスパイラルのままじゃ駄目だ、と思って、思い切って参加して良かったです。
 ありがとうございました!

 ところで前回書き忘れていたのですが、
 折本と言えば、小学生の頃作ったのが初めてでした。
授業の一環のクラブ活動みたいなので物語作りクラブだか何だかいうのをやったんですが、
そのときに「物語を作って本を作ってみよう」みたいな流れで作ったような。
 あの時に、絵本みたいな物語書いたのが、初めての物語だった気がします。
 最近こうやって、そういえば今やってるこれはあのころ始めてやったのだった!ってつながってくるのが多くて
(コバルト短編はそういえば、初投稿先でした。中学生でした)
 とても感慨深いです。
 積み重ねにしても結果出てくるの遅いけどね!?
やっていればいつかはなんだかこうしてつながってくるもんなんだなと思ったりしています。

 さてさて、
ぐずぐずしながらではありますが、
ちょっとでも表に出していけるようまだまだもりもりがんばります。

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

イベント参加予定

11/5 北海道コミティア(委託)
1/21 文学フリマ京都

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM